レンタルサーバー

ロリポップのモジュール版PHPをプラン変更で適応した結果のサイト・ブログ表示速度は?

KEI

元々は「ガイアックス(もう閉鎖されたHPスペース)」から「Yaplog!(ヤプログ)」を使ってブログを書いていました。

その後に、WordPress(ワードプレス)にブログを移行させるためにムームードメインで独自ドメインを取得して、安いレンタルサーバーのロリポップでブログを書き続けていたけど・・・。

ロリポップがサーバー高速化の取り組みで、新サーバー・モジュール版PHP・同時アクセス拡張機能をリリースしたって知ってる?

最初はレンタルサーバーや独自ドメインだけではなく、WordPress自体も全くわからない状態で、段々と慣れてきて「カスタマイズ」に夢中になったりしていたけど・・・。

ロリポップのライトプランって、WordPressが遅いし重いよね・・・。

そこに、ロリポップが新しいサーバー高速化機能をリリースしたので、プラン変更をしてモジュール版PHPを適応してみました!

そこで、ロリポップのモジュール版PHPをプラン変更で適応した結果のサイト・ブログ表示速度が速くなったかどうかの結果を書くよ♪

スポンサーリンク

ロリポップのライトプラン!WordPress(ワードプレス)が重い・遅い?

ロリポップのライトプラン!WordPress(ワードプレス)が重い・遅い?

2014年に同僚から、「WordPressでブログを書いた方が、絶対いいですよ!」といわれ続けても、ブログを移行しなかったけど・・・。

しかし、本格的にアフィリエイトをやろうと考えて、2015/2にWordPressに移行しました。

ますみさん
ますみさん

WordPressって、最初は難しいイメージがあるわよね?

けい
けい

一度WordPressでブログやサイトを作ってしまえば、すぐに慣れるけどね。

レンタルサーバーをどこにするか迷っていたボクは、「ちょうど初期費用無料キャンペーンもやっていたし、まずはお試しで安いし!」と、安直な理由でロリポップに決めました!

しかも、WordPressが動くロリポップの一番下の月額250円の「ライトプラン」です!

しかし、その後に襲われた悩みは、「ロリポップだと、WordPressの管理画面も重いし、サイト表示速度も遅い!」です。

ロリポップのライトプランの転送量:5GB /日だと、各個人のブログによって変わってくる(画像を多く使用している、動画を載せているなど)けど、概ね一日のPVが3,000PV~4,000PVくらいが許容量になります。

この前のプチ炎上した時に1日3,000PVを超えたりしていたので、ちょっとサーバー変更しようか悩んでいたところ・・・。

ロリポップがサーバー高速化の取り組みで、新サーバー・モジュール版PHP・同時アクセス拡張機能をリリースしました!

新サーバー!ロリポップのサイト高速化の取り組みでモジュール版PHPを導入したので適応した結果

新サーバー!ロリポップのサイト高速化の取り組みでモジュール版PHPを導入したので適応した結果

ロリポップから「衝撃のニュース」のメールは、「サーバー高速化の取り組みで、3つの新機能を搭載した」とのことでした。

新サーバーはハイスペックになるということで、早速新サーバーに移行しました。

新サーバーへの移行はロリポップのガイドに従うだけで、移行時間は数分から1日と書いてあったけど15分くらいで移行完了メールがきました。

ますみさん
ますみさん

ロリポップの新機能の「モジュール版PHP」ってやつにすると、もっとサイト速度が速くなるの?

けい
けい

エックスサーバーに移行しようと思ったけど、ちょっと適応させてみよう!

ロリポップの新機能の中でも、もっとも注目したのがモジュール版PHPの機能。

ロリポップのモジュール版PHPの機能の内容や適応条件プラン、モジュール版PHPの切り替え方法を実際に適応したので紹介するよ♪

モジュール版PHPは約37倍ものレスポンスの高速化

モジュール版PHPは約37倍ものレスポンスの高速化

ロリポップのモジュール版PHPは

従来、共用サーバーでのモジュール版PHPの提供は、Apache権限でPHPが動作するために個々のユーザー領域の設定ができず、セキュリティに問題がありました。ロリポップ!では、独自に開発した権限分離アーキテクチャにより、大規模環境においてモジュール版PHPの高速性能を維持しつつ、安全に権限分離できる環境を構築。この技術は、パフォーマンス上におけるイノベーションの達成といえ、WordPressをはじめとしたモジュール版PHPで実行するプログラムでは、CGI版PHPに比べ大幅な速度改善が見込めます。これにより、圧倒的なコストパフォーマンスを誇るホスティングサービスの提供が可能となりました。

引用 次世代ホスティングサービスを目指して

つまり、従来のCGI版PHPと比べてめっちゃ速くなると謳っています!

「おぉ!早速モジュール版PHPを使ってみたい!」っと思ったら、契約しているライトプランではモジュール版PHPには変更できなかった・・・。

追記 2023/5/1

ロリポップの新プラン改定により、モジュール版PHPはライトプランのみ利用可能です。

スタンダードプランは月額も「250円→500円」と缶ジュース2本分のお値段なので、そのお金をケチるより、高機能を手に入れたい!

ということで、ライトプランからスタンダードプランにプラン変更しました。

ボクの場合は、モジュール版PHPに変更後にWordPress画面が真っ白になる問題が発生したので、もしも発生したら同じ対処をしてください!

参考

ライトプランからスタンダードプランに変更する方法

ロリポップでプラン変更する方法は、上位プランならクレジットカードですぐに決済すれば直ちにサーバー移行は完了しました。

ロリポップは上位プラン変更は可能だけど、下位プランへの変更はできないから、よく考えてアップグレードしてください!

サーバー名は変わりるけど、特にWordPressのCSSファイルなどでサーバー指定をしていなければ何も設定せずにOKでした。

ただし、「FTPソフト」でファイルのアップロード・ダウンロード・書き換えをしている場合はサーバー名が変わるので、設定しなおす必要があります!

モジュール版PHPに変更する方法

モジュール版PHPに変更する方法

ロリポップのプランをスタンダードプランに変更したら、モジュール版PHPへの変更方法は簡単です。

PHPのCGI版を使用している人は、モジュール版PHPにすると従来の7倍速くなるとロリポップ公式でいわれています。

PHPのバージョンが古い人が最新版(モジュール版PHP)に変更する方法は、ロリポップの管理画面から「ユーザー専用ページ」にログインします。

ユーザー管理画面で

モジュール版PHPへの変更方法

  • サーバー管理・設定>PHP設定で「PHP設定画面」に移動
  • PHPバージョンを変えたいドメインで、「7.1(モジュール版)」を選択して変更

設定完了後、反映に5~10分ほどかかります。

ただし、モジュール版PHPに変更するとphp.iniの設定変更ができなくなるから注意してくださいね!

スポンサーリンク

アクセス集中時エラー対策!同時アクセス数拡張機能について

アクセス集中時エラー対策!同時アクセス数拡張機能について

もう一つ追加された新機能の「同時アクセス数拡張機能」。

同時アクセス数拡張機能が、12/7に発表されました。

ますみさん
ますみさん

ニュースとかTVで書いた記事のネタが取り上げられると、アクセスが集中してサイトダウンとかするからね!

けい
けい

そそ。別ブログでTVで書いた記事の場所が紹介された時とか、アクセス集中したからね(笑)

TVやバズったりした記事は、アクセスが集中して、サイトダウンすることがあります。

同時アクセス数拡張機能は、アクセス集中時に起こる503エラーを発生しづらくさせて、サイトが表示されない状態を防ぐ機能です。

つまり、バズった時に急激にリアルタイムアクセスが増えても、サイトの表示が遅くなったり重くなったりすることを回避できます。

同時アクセス数拡張機能は3日間制限値を緩和してくれます。

同時アクセス数拡張機能を有効にする方法

同時アクセス数拡張機能は、事前予約で3日間有効にする期限を最大1年先まで設定できます。

同時アクセス数拡張機能を有効にする方法

  • Webツール>同時アクセス数拡張設定を選択
  • 対象ドメインを選択して有効にする
  • ダミーテキスト

ただし、スタンダードプランまたはエンタープライズプランでモジュール版PHPにしている場合のみ使用できます。

同時アクセス数拡張機能は3日間しか使えず、再使用するには7日間経ってからでないと再設定できません!

同時アクセス数拡張機能の効果

同時アクセス数拡張機能の効果

実際に、別ブログでバズって同時アクセス数が「50超え!?」ってか、その後も増え続けるアクセスは、たった1,2時間の間にその記事だけで2,000PVいってました。

確認したのが放送後だったので、放送時間の同時アクセス数は100や200ではなかったのでは!?

そうなると心配なのが、ブログが「503エラー」で表示されなくなっていたかロリポップでエラー発生状況を確認してみたら、なんと「仮想値23!実数値0」という結果でした。

実数値0ということは、とりあえず「503エラー」は発生しなかったって事ですね!

まとめ

ロリポップがウェブサイト高速化へ3つの取り組みを始めたので、ライトプランからスタンダードプランに変更して「モジュール版PHP」も適応しました。

サイトスピード測定サイトのPageSpeed InsightsGTmetrixで測定してみた結果は、あまり変わらず・・・。

ますみさん
ますみさん

全然変わってないし、相変わらずロリポップが遅いし、モッサリと重いわね・・・。

けい
けい

うむ。モジュール版PHPはあまり効果はないってことかな(笑)

どうもモジュール版PHPは、同時アクセスが100以上の高負荷になった時に力を発揮するものだそうです。

この後に色々とWordPressが重い・遅い問題の対策をしてみたけど、しばらくロリポップのスランタードプランで様子見をします。

ロリポップはモジュール版PHPにしておいた方が速くなるはずなので、PHPを変更しておいた方がいいですよ♪

あわせて読みたい

WordPress(ワードプレス)が重い・遅い!原因は?サイト・ブログを改善する対策法を徹底解説

2024/2/13

WordPress(ワードプレス)が重い・遅い!原因は?サイト・ブログを改善する対策法を徹底解説

初めてWordPress(ワードプレス)でブログを作った時に、選んだレンタルサーバーはロリポップです。 しかし、「ロリポップがあまりにも遅くて、WordPressの管理画面も重い!」と常々感じていました。 「ブログ・サイトを作るのも初めてだし、最初は安いレンタルサーバーでいいでしょ!」と思ってたけど、ブログ・サイトの表示速度も遅い・・・。 WordPressのブログ・サイト表示速度を改善する方法は? そもそも、WordPressが重い・遅い原因は? サイト・ブログの表示速度が重い・遅い、WordPress ...

ムームードメインとは?評判や料金は?ロリポップと連携できるメリットやデメリットを徹底解説

2024/2/13

ムームードメインとは?評判や料金は?ロリポップと連携できるメリットやデメリットを徹底解説

おすすめポイント 営業メールも少なく、ドメイン取得料金セールをよくやっている! Whois情報の代行手数料が無料! レンタルサーバーの「ロリポップ」か「ヘテムル」と連携していて、ネームサーバーの設定も簡単だし、ドメイン永久無料サービスもやっている ドメインの更新時期が一斉に来て、お金が万単位で飛んでいきました・・・。 無料ブログではなく、ワードプレス(WordPress)でブログやサイトを作ろうとすると、独自ドメインが必要です。 ボクも初めてWordPressでブログをやろうとしたときに同じだったけど、最 ...

ロリポップ!レンタルサーバーの評判は遅い?悪い?料金プラン改定などブログ初心者におすすめな理由を徹底解説

2024/2/16

ロリポップ!レンタルサーバーの評判は遅い?悪い?料金プラン改定などブログ初心者におすすめな理由を徹底解説

おすすめポイント New第1弾として全プラン初期費用が0円&料金プランの改定、自動バックアップ&復元が無料に!第2弾は高速化機能の強化! 全プランで1日あたりの転送量の上限がなくなったので、PV数でアクセス制限がかからない! 安心の電話サポートがある 一番安いWordPressがインストールできるプランは月額220円から 「初めてワードプレス(WordPress)でサイト・ブログを作ろう!」と、独自ドメインを取得したアナタが次にやることは、レンタルサーバーを決める事ですね! ボクが初めてWordPress ...

-レンタルサーバー
-