レンタルサーバー

エックスサーバーの評判・口コミは?料金や転送量、特徴をおすすめプランを使用歴6年が徹底解説

執筆者 : KEI

おすすめポイント

  • WordPress(ワードプレス)超高速の「KUSANAGI」の技術導入と最新サーバーで、従来の3倍以上の処理速度、国内サーバー速度No1
  • 安定・安心で、6年以上使っていてサーバーがダウンしたことがない!
  • リソースモニターとCPU・メモリのリソース保証で他ユーザーの影響を受けることなく、安定的なサイト表示速度を維持できる!
  • 多くのブロガー・アフィリエイターが使用していて、困ったらググればほとんど解決する!電話サポートもある!

\ 高速環境KUSANAGIの技術が使える /

公式サイトを見る

※2022/1/20まで12ヶ月以上の契約で最大30%オフの月額693円からのキャンペーンをやっています。

ブログやサイト運営をしていて、PV(ページビュー)が増えてくると気になるのが「サイトの表示速度」ですね!

ボクもサイトの表示速度に悩んで、色々と試行錯誤しました。

色々なレンタルサーバーを使っているけど、もう6年、そしてこれからも使う エックスサーバー

多くのアフィリエイターやブロガーから、「エックスサーバーは安定している」と評判ですね!

エックスサーバーって、初心者におすすめと評判だけどなぜ?そんなにいいレンタルサーバーなの?

エックスサーバーの特徴やおすすめのプランは?

ボクもロリポップでサイトの表示速度に悩んだ時にエックスサーバーに移行したけど、エックスサーバーは評判通りホントに安定していて、サイト表示速度は速いです!

みんなが「初心者におすすめのレンタルサーバーは、エックスサーバー」っていっている理由がわかります。

そこで、エックスサーバーの評判・口コミは?料金や転送量、特徴をおすすめプランを徹底解説するよ♪

    \ 抜群の安定・安心感

エックスサーバーの評判・口コミは?多くのブロガー・アフィリエイターがおすすめしている

レンタルサーバーは色々な会社が運営していているけど、アフィリエイターやブロガーが口をそろえて「初心者は、絶対にエックスサーバーで間違いない!」と評判です。

新鋭のレンタルサーバーは障害でサイトがダウンするなど心配があるけど、エックスサーバーは15年以上運営していて、稼働率99.99%・国内No1シェアと謳っているよ!

ますみさん

このKEILOGのサイトも、エックスサーバーを使っているわよね?

けい

エックスサーバーはサイト表示速度が速いことはもちろん、何よりサーバーダウンしない安定性だよね!

このkeilogでも使っているエックスサーバーは、別サイトの月20万PVサイトでも安定して速いです。

エックスサーバーで、WordPress(ワードプレス)のブログを何個も立ち上げています。

エックスサーバーの評判・口コミを見てみると

エックスサーバーは障害でサーバーダウンすることがないから、安定面でもおすすめ!

レンタルサーバー選びは最初が重要で、初期投資で間違いないエックスサーバーがいい。

初心者でわからない事ばかりでしたが、丁寧・親切なサポートですごく安心できました。土曜日の夜に問い合わせたのに、翌日の午前中に回答をいただけて大変助かりました。

月額料金は約1,000円だから、「他の安いレンタルサーバーの方が・・・」と思うよね?

しかし、エックスサーバーはそのコスパに見合った安定性とサイトの表示速度が出せるので、絶対に損はしない!

実際にボクも同じだったけど、むしろ別のレンタルサーバーでサイトの表示速度に悩んで、サーバー移行作業をする方が大変ですよ!

最初からエックスサーバーで始めた方がいい!初心者におすすめと評判のエックスサーバーの特徴やメリット

初心者におすすめと評判のエックスサーバーの特徴やメリット

「最初にエックスサーバーを選んでおけば、間違いない!」と評判のエックスサーバーは、ボクもかれこれ6年間使っています。

とにかく、サイトやブログ運営が初めての初心者さんは、レンタルサーバーをエックスサーバーにしておけば間違いはない!

ますみさん

なぜ、エックスサーバーは、サイト表示速度が速いの?他のレンタルサーバーと、何が違うのぉ?

けい

エックスサーバー側で、「サーバーキャッシュ」や「Xアクセラレーター」といった、サイト表示速度が速くなる仕組みがあるんだよ♪

エックスサーバーを使っているユーザーさんはほんとに多く、何かトラブルに遭った&困ったこともネットですぐに解決できます。

2003/7からエックスサーバーは運営されているので、サーバーの信頼性やトラブル対処など信頼が厚いですね!

実際に6年使っているボクが思う、初心者におすすめと評判のエックスサーバーの特徴やメリットを紹介するよ♪

New!高速環境「KUSANAGI」の技術および最新サーバー機器を導入

高速環境「KUSANAGI」の技術および最新サーバー機器を導入

長い運営実績のエックスサーバーは、今までWebサーバーで「nginx」を採用していて、大量のアクセスがあっても安定していて快適だったけど・・・。

追記 2021/10/7

エックスサーバーは、WordPress(ワードプレス)が超高速になる実行環境「KUSANAGI」の技術と最新のサーバー機器を導入しました!

KUSANAGIはVPS環境でWordPressが超高速になるけど、ターミナル操作で普通の人には扱いが難しく、専門知識がないと大変でした。

しかし、エックスサーバーはレンタルサーバーでKUSANAGIの技術導入、そして第三世代EPYCを備えた1台あたり1,000万円を超える最新の商用高性能サーバーを導入しました!

これで、従来の3倍以上の処理速&他サービスの記録を圧倒的に引き離して、サーバー速度No1を取得したとの事です。

ブラウザキャッシュ・サーバーキャッシュ機能を搭載

エックスサーバーは、サーバーキャッシュ・ブラウザキャッシュ機能をそれぞれ標準で搭載しています。

WordPress(ワードプレス)は動的サイトになるので、画像やプラグインを入れたり、機能を追加していくとページが遅くなってしまいます。

サーバーキャッシュは、サーバー上でキャッシュファイルが作成されるようになります。

エックスサーバーの管理画面上でON/OFFを簡単に切り替えれて、「キャッシュクリア」もボタンをクリックするだけです。

ブラウザキャッシュは.htaccessに記述することで代用できるけど、同一ファイルへ再びアクセスした時にブラウザ側のキャッシュファイルが利用されます。

サーバー管理画面上でON(すべての静的ファイル)・ON(CSS/JavaScript以外)・OFFと、簡単に切り替えられます。

つまり、キャッシュを用いる事によってサイトの表示速度高速化と転送量の軽減が狙えるということです!

ポイント!独自のXアクセラレーター機能を搭載

エックスサーバーの独自の「Xアクセラレーター」は、静的ファイルの高速化とPHPプログラムの高速化をしてくれます。

PHPプログラムの高速化は、キャッシュなしで処理速度を最大20倍(WordPressで最大10倍)まで向上させることができます!

XアクセラレーターをONにすることで、サイトの高速化と同時アクセス数の拡張が期待できます。

Xアクセラレーターは、サーバー管理画面で簡単にOFF/ONできますよ。

New!CPU・メモリ・転送量の使用状況を確認できる「リソースモニター」機能と「CPU・メモリのリソース保証」機能

ボクも別サイトで経験あるけど、ブログ・サイト記事がバズった時や、TVで話題になった時に急にアクセスが集中することがあります!

そんな時にロリポップではブログがダウンして、アクセスしづらいor表示されない事があったけど・・・。

2021/10/7にCPU・メモリ・転送量の使用状況を確認できる「リソースモニター」機能と、「CPU・メモリのリソース保証」機能が追加されました!

レンタルサーバーは共有サーバーなので、同一サーバー内のサイトがアクセス集中すると自分も影響を受けます。

しかし、リソースモニターで自分のサイトのCPU・メモリ・転送量の使用状況を確認することができる!

また、CPU・メモリのリソース保証機能の導入により、他ユーザーの影響を受けることなく、安定的なサイト表示速度を維持することができるようになりました!

保証されるCPU・メモリ量は、最新サーバー環境の最安プランで仮想6コア・メモリ8GBです。

全プランNVMe対応のSSD高速ストレージと稼働率99.99%以上と障害が少ない

 スタンダード(旧X10)プレミアム(旧X20)ビジネス(旧X30)
ディスク容量(SSD)300GB400GB500GB
vCPUs(リソース保証)128コア(6コア)128コア(8コア)128コア(10コア)
メモリ (リソース保証) 最大1TB(8GB)最大1TB(12GB)最大1TB(16GB)

ボクがエックスサーバーを借りた時にはHDDだったけど、エックスサーバーも全プランNVMe対応のSSD高速ストレージを搭載しています。

ホストサーバーのCPUは、AMD AMD EPYCTMで128コア、ホストサーバーメモリは最大1TBです。

一番下でみんなが使っているスタンダードプランでもSSD容量は300GBあるので、ハッキリいって使いきれないよ・・・。

なんといっても、ボクも実際に体感しているし、みんながいっている稼働率99.99%以上の安定したサーバーなので安心です!

複数ドメイン運用可能でドメイン取得・管理が同一サービスでできる

複数ドメイン運用可能でドメイン取得・管理が同一サービスでできる

エックスサーバーは複数ドメイン運用可能で、複数サイトが運用できます。

追記 2020/5/20

これまでMySQLデータベースの数の制限があったけど、全プラン無制限になりました!

これにより、いくつでもWordPress(ワードプレス)のサイトを作成できます。

他レンタルサーバーがMySQLデータベースの数が無制限だったので、やっとエックスサーバーも同じになったね!

同一サービス内でドメイン取得が可能

エックスサーバーは同じサービス内で エックスドメイン というドメイン取得・移管サービスもあるので、同一サービス内で完結できるのもいい!

エックスサーバー新規契約時に無料で永久に使えるドメインプレゼントキャンペーンがあって、ボクも1サイトプレゼントドメインで運営しています。

もちろん、無料の独自SSLがあるのでサイトのSSL化(https://~)もできるし、オプションで有料の独自SSL証明書も発行できます。

初心者にも安心のWordPressクイックスタートで申し込みと同時にWordPressが開設できる

初心者にも安心のWordPressクイックスタートで申し込みと同時にWordPressが開設できる

初心者にも安心のWordPressクイックスタートは、エックスサーバーでドメインとレンタルサーバーを同時に申し込んだ場合に、独自ドメインのSSL対応したWordPressサイトが申し込み画面で入力するだけで作成できます!

WordPressブログ初心者さんにはドメインとサーバーの紐づけなどちょっと躓く部分があるけど、申し込み画面の手順に沿っていくだけで開設できるので、めっちゃ簡単になりました!

WodPress簡単インストール・WordPress簡単移行ですぐにWordPressでブログ運営できる

WodPress簡単インストール・WordPress簡単移行ですぐにWordPressでブログ運営できる

今は、どのレンタルサーバーでも標準機能のWordPress簡単インストールがありますよね?

もちろん、エックスサーバーもWordPress簡単インストール機能があって、サクっとWordPressをインストールすることができます。

また、2019/4/3から他サーバーからも簡単にWordPressの移行ができるようにWordPress簡単移行サービスも始まりました!

ボクも実際にWordPress簡単移行を使ってエックスサーバーに移行させてみたけど、WordPressの移行元URL・ログインユーザー名・パスワードを入力するだけで、簡単に移行できます!

WordPressでサイトやブログを始めて立ち上げる人はもちろん、他レンタルサーバーでサイト表示速度に悩んでいる人も、簡単にエックスサーバーにWordPressの移行が無料できますよ♪

自動バックアップ機能を搭載しているから安心

自動バックアップ機能を搭載しているから安心

WordPressはトラブルがつきもので、絶対に取っておかなければいけないのがバックアップです。

エックスサーバーでは、サーバ設備の故障やトラブルに備えて2台のハードディスクにリアルタイムで全データーコピー&サーバー上のデーターを1日1回バックアップ専用サーバーに自動コピーしてくれます。

自動バックアップデータは14日分です。

2020/9/24より、自動バックアップデータからの復元が完全に無料になりました!

WAF機能を標準搭載しているので不正アクセスを防止できる

WAF機能を標準搭載しているので不正アクセスを防止できる

エックスサーバーはWAF機能(Webアプリケーションのファイアウォール)を標準搭載していて、サイトやブログを不正アクセスから守ってくれています。

その他にも

エックスサーバーのセキュリティ機能

  • 二段階認証設定
  • ログイン試行回数制限
  • ログイン通知(2020/6/30から導入)
  • 大量コメント・トラックバック制限
  • 国外IPアドレスからのアクセス制限
  • 国外IPアドレスからのコメント・トラックバック制限

など、セキュリティが強固になっています!

特に、他のレンタルサーバーにはない機能で2019/12/9に機能追加された「二段階認証」は、インフォパネル・サーバーパネルにログインする時に二段階認証が必要になるため、セキュリティ強化になって必須です!

実際に、ボクが海外からブログにアクセスしようとした時には、「国外IPアドレスからのアクセス制限」で引っかかってアクセスできなかった!

これらの機能は、エックスサーバーのサーバー管理画面でON/OFFは切り替えることができます。

エックスサーバーはセキュリティ機能が固いので、不正アクセスでWordPressが乗っ取られることがホントにないです!

ただし、ログインIDとかデフォルトのadminにしていると、ボクの友達のように不正ファイルを置かれてサイトのリダイレクトをされるよ!

エックスサーバーといえども、最低限のセキュリティ対策(プラグインなど)は自分でしてね!

安心!.htaccessファイルやads.txtをサーバー管理画面で操作できる

.htaccessファイルやads.txtをサーバー管理画面で編集できる
.htaccessファイルやads.txtをサーバー管理画面で編集できる

ちょっと記述を間違えたり、保存形式を間違えるとWordPressの画面が真っ白になってしまう.htaccessファイルも、エックスサーバーのサーバー管理画面上で簡単に操作できます。

ただし、.htaccessファイルはWordPressの動作をつかさどるファイルなので、初心者さんはむやみにいじるのは止めましょう!

また、エックスサーバーはads.txtをサーバー管理画面上で簡単に設置できます。

ads.txtは、Google AdSenseなどの広告配信サービスで利用が推奨されている不正な広告販売を防止する仕組みで、大切なものです。

24時間365日メールサポートやチャット・電話でのサポートあり

24時間365日メールサポートや電話でのサポートあり

エックスサーバーは利用者が多いので、大抵のトラブルもネット上で調べれば解決できるけど・・・。

エックスサーバーは全プランでサポート体制が充実していて

エックスサーバーのサポート

  • お問い合わせフォーム:24時間365日
  • 電話サポート:平日10:00~18:00

特に、mixhostなど電話サポートがないところもあるので、WordPress初心者さんは電話サポートを受けられるエックスサーバーは嬉しいですよね♪

エックスサーバーの料金や仕様比較、おすすめのプラン、転送量

 スタンダード(旧X10)プレミアム(旧X20)ビジネス(旧X30)
初期費用3,300円3,300円3,300円
月額費用(36ヶ月契約時)990円1,980円3,960円
月額費用(12ヶ月契約時)1,100円2,200円4,400円
10日間無料お試しありありあり
ディスク容量(SSD)300GB400GB500GB
vCPUs(リソース保証)128コア(6コア)128コア(8コア)128コア(10コア)
メモリ (リソース保証) 最大1TB(8GB)最大1TB(12GB)最大1TB(16GB)
MySQLデータベース無制限無制限無制限
転送量目安900GB/日1,200GB/日1,500GB/日

まず選んで間違いはないレンタルサーバーのエックスサーバーだけど・・・。

月額料金やデータ転送量など、比較したいよね?

ますみさん

エックスサーバーは3つプランがあるけど、一番安いプランでも大丈夫かしら?

けい

ボクや、多くの人が使っている「スタンダードプラン」で大丈夫だよ!

エックスサーバーのプランごとの月額料金やお試し期間、プラン別の転送量やPVの目安について説明するよ♪

お得に!初期費用半額やドメインプレゼントのキャンペーンの頻度が高い

エックスサーバーの料金体系は、初期費用3,300円で月額料金はスタンダード(旧X10)プランで990円からとなっています。

エックスサーバーのおすすめのプランは、スタンダードプランです。

一番下のスタンダードプランでも十分すぎるほどの性能なので、全然大丈夫だよ!

エックスサーバーは、かなりの頻度で初期費用半額キャンペーンや好きなドメイン1個永久無料キャンペーンをしています。

大体どちらかのキャンペーンをやっているので、安心してくださいね。

また、エックスサーバーのお試し期間は10日間ついています。

レンタルサーバーを移転させてみたけど、「表示速度が速くなったのか?不具合がないか?」などの確認時間にめっちゃ余裕ができるし、サーバー移転作業も焦ってやる必要もないです。

兼業の人でも少しづつ平日に設定して、最後にネームサーバーを変えれるね!

エックスサーバーのプラン別のデータ転送量の制限やおすすめのプラン

「自分のサイトやブログのPVがこれぐらいだけど、エックスサーバーのどのプランがいいの?」と迷いますよね?

追記 2021/3/30

各サーバープランの大幅な転送量アップがされました!

エックスサーバーは各プランごとの転送量を出してくれているけど、月100万PVでも「スタンダードプラン」で大丈夫という話でした!

実際に、ボクの月20万PVの別サイトと2,3数万PVサイトをスタンダードプランの同じサーバー内に入れていても問題なかったです。

参考

エックスサーバーのデメリット

エックスサーバーのデメリット

ボクはエックスサーバーを長年使っているけど、デメリットも気になりますね!

もちろん、色々と機能アップデートされているエックスサーバーだけど、他サーバーと比べて気になるところはありますよ。

ますみさん

「みんながエックスサーバーをおすすめしている」って、言ってなかった?デメリットがあるのぉ!?

けい

複数のレンタルサーバーを使ってるからわかる、「ここは・・・」っていう点もちゃんと書かないと、公平にならないじゃん!

他のレンタルサーバーと比べて、エックスサーバーのデメリット部分を紹介するよ♪

プラン変更は月単位

「エックスサーバーのプランを変更したい!」と思った場合に、上位プランや下位プランに変更できるけど、月単位で変更可能で翌月1日からになります!

上位プランは月単位だけど、下位プランは利用制限月のみ、つまり契約が切れる月のみ変更可能です。

mixhostカラフルボックスConoHa WINGは日割りや時間割でプラン変更ができるから、ちょっとデメリットだよね・・・。

夜の時間帯で遅い時がある

これはVPSではなく、レンタルサーバーという形態だから仕方がない事ではあるけど・・・。

エックスサーバーは、夕方や夜の時間帯でサイト表示速度が遅くなることがあります!

レンタルサーバーなので、同じサーバースペース(共用スペース)に収容されているサイトがトラフィックが多い場合、影響は収容サーバースペースのサイト全体に受けます!

ConoHa WINGでは混雑したサーバーから空きサーバーに移動できる機能があるけど、エックスサーバーにはないので、これは運としかいいようがないですね。

一部ユーザーには不具合あり!Xアクセラレーターで不具合が起きることがある

Xアクセラレーターで不具合が起きることがある
Xアクセラレーターで不具合が起きることがある

エックスサーバーのサイト表示速度を速めてくれる「Xアクセラレーター」だけど・・・。

XアクセラレーターVer1からVer2に変えたら、「504 Gateway Timeout Error」で表示されない&WordPressの管理画面が表示されない状態に陥りました。

この時はエックスサーバーにお問い合わせをして色々と教えてもらったけど、相性によって不具合がある場合があります。

ボクの場合はちょうど国外IPからbotアクセスで攻撃を受けた時に不具合が生じたようで、その後はXアクセラレーターVer2で不具合が起きなくなりました。

一部アダルトサイトの運営は禁止

エックスサーバーは、コンテンツに関して制限があります。

以下のコンテンツの運用は禁止しており、該当のコンテンツを運用されていることが発覚した場合、サービスの提供を停止することがございます。

・ポルノサイト、またはそれに類似するもの
・売春を助長するようなもの
・第三者の知的財産権や肖像権・プライバシーを侵害する、または侵害するおそれのあるもの
・無限連鎖講(ねずみ講)、マルチ商法、またはそれらに類似するもの
・日本国内の法律に違反するもの
・以上のようなサイトへのリンクが含まれるもの

禁止事項について

アダルトサイトを運営したい場合は、mixhostかカラフルボックスがおすすめです。

まとめ

エックスサーバーは、「ブロガーやアフィリエイターが、最初から選んでおけば間違いない」と評判の安定性を兼ね備えたレンタルサーバーです。

WordPress初心者さんだけではなく、企業でも使っているレンタルサーバーで、まず最初に選んで間違いないです。

「エックスサーバー」は、こんな方にはおすすめですね♪

こんな方におすすめ

  • サイトの表示速度に悩んでいる!
  • WordPress初心者さんで、どのレンタルサーバーにしようか迷っている!
  • 電話サポートがある安定・安心のレンタルサーバーを探している!

エックスサーバーを長年使っているけど、サーバーがダウンした&トラブルが起きた事は一回もないです!

ますみさん

エックスサーバーは、「15年以上運営している」って信頼性があっていいわね♪

けい

月額料金は約1,000円からだけど、みんな使っていてすぐに悩みも解決するし、コスパに見合うサーバーだよ!

エックスサーバーは、初期費用半額キャンペーンや好きなドメイン1個永久無料キャンペーンのどちらかを常にやっているので、見てみてください。

エックスサーバーのおすすめのプランはスタンダード(旧X10)プランで、WordPress立ち上げから選んでおけばまず安心のレンタルサーバーですよ♪

2022/1/20まで12ヶ月以上の契約で最大30%オフの月額693円からのキャンペーンをやっています。さらにX10プランで12ヶ月以上の契約&自動更新設定なら独自ドメインが1つ無料で貰えます。

WordPress(ワードプレス)ブログ初心者におすすめのレンタルサーバー

「WordPress(ワードプレス)でブログを始めよう!」と思い立ったけど、まず必要な独自ドメインとレンタルサーバー。

5年以上ブログ・アフィリエイトをやって色々なレンタルサーバーを使ったからわかる、WordPressブログ初心者におすすめのレンタルサーバーを実体験で紹介します。

国内シェアNo1 高速&安定のエックスサーバー

アフィリエイターやブロガーだけではなく、ビジネスサイトまで運用サイト数は200万件を突破した国内No1シェアのエックスサーバー。

高速・多機能・高安定性で色々な便利な機能が多数あり、ボクも6年以上使っていて1度も問題がないWordPressが初めての人でもおすすめのレンタルサーバーです。

WordPress超高速環境のKUSANAGIの技術導入、最新サーバーの導入で従来の3倍以上の処理速度で国内サーバー速度No1を謳ってます。

エックスサーバーは複数サイト運営もOKで、独自SSLも無料対応、24時間365日で電話サポートがあって安定・安心のレンタルサーバーです。

2022/1/20まで12ヶ月以上の契約で最大30%オフの月額693円からのキャンペーンをやっています。

さらにX10プランで12ヶ月以上の契約&自動更新設定なら独自ドメインが1つ無料で貰えます。

満足度調査3冠!アダルトサイトもOKでサイト表示速度の速いmixhost

mixhost

2019年7月期日本マーケティングリサーチ機構調べで「アフィリエイター&ブロガー満足度」「アクセス処理速度満足度」「表示スピード満足度」の1位を獲得したmixhost(ミックスホスト)

ボクが別ブログで使っている一押しレンタルサーバーのmixhostは、高速で高機能、高安定性を追求した初期費用無料のピュアSSD採用高性能クラウド型レンタルサーバーです。

SSDなのでページ表示速度も速いし、mixhostだけで使えるプラグイン「LiteSpeed Cache」を使えばほとんどデフォルト設定でキャッシュ+サイト高速化できます!

複数サイト運営もマルチドメイン無制限で、しかもアダルトサイトもOKな上にもちろん無料SSLも付いていて特にサーバー側で設定することなくSSL化できますよ♪

mixhostは初期費用無料&ドメイン1個永久無料&プレミアムプラン以上の契約で初回支払い金額が半額の50%オフの超お得キャンペーンをやっています

超快適!アダルトもOKで格安のカラフルボックス

超高速Webサーバー「LiteSpeed」と「HTTP/3」「QUIC」の高速化技術で高速・高機能・高コストパフォーマンスのクラウド型レンタルサーバーのColorfulBox(カラフルボックス)

東日本・西日本のリージョン選択が可能で、セキュリティが万全です。

アダルトサイトの運用がOKなカラフルボックスアダルトもあり、格安で運用できるレンタルサーバーです。

地域別 自動バックアップ機能があって、安心・安全にサイト・ブログ運営ができますよ。

2022/1/31まで12ヵ月以上の契約でクーポンコード「SV30Y80QJBZ09T」を入力すると初年度利用料が30%オフになります。

また、併せてAmazonギフト券2,000円分もらえます。

国内最速!高性能レンタルサーバーのConoHa WING

国内最速を謳い、ホントに実感できるほどの独自チューニングがされたキャッシュ機能があるConoHa WING(コノハウィング)

サーバー稼働率99.99%以上保証でセキュリティ機能も豊富で万全、電話サポートもあって安心です。

WordPressかんたん移行機能やサイトコピー機能でワンクリックで複製できます!

2022/2/7までWINGパックのベーシックプランの12ヶ月以上の契約で最大43%オフの1ヵ月740円から使用できます。

おまけに独自ドメインが最大2個永久無料で使えます。

老舗!安心・安定のロリポップ!

ハイスピードプラン

レンタルサーバー界では重鎮の老舗のロリポップ!

新しいLiteSpeedを採用したプランにサイト表示速度が速くなる施策が次々と出てきて、「安いレンタルサーバーがいい」というWordPress初心者さんにおすすめです。

管理画面もわかりやすくて見やすい、電話サポートがあるのもWordPress初心者さんに優しいですよ!

サポート満足度94%のロリポップは250円/月から借りられます。ハイスピードプランは550円/月からでSSD+LiteSpeedでサイト表示速度がめっちゃ速くなりますよ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-レンタルサーバー
-