レンタルサーバー

ロリポップの評判は悪い?今は初心者におすすめなレンタルサーバーになった理由

ロリポップの評判は悪い?今は初心者におすすめなレンタルサーバーになった理由

https://keislog.com

「ワードプレス(WordPress)でブログを初めて作ろう!」と、独自ドメインを取得したアナタが次にやることは、レンタルサーバーを決める事ですね!

初めてワードプレスでブログを始めた時は、レンタルサーバーのロリポップで始めたKEI(@keis_log)です。

ボクが今現在使っているレンタルサーバーは、ロリポップ・エックスサーバー・mixhost・ColorfulBox・ConoHa WINGです。

ロリポップってワードプレス初心者におすすめのサーバーっていわれるけど、評判や特徴は?料金やシステム、メリット・デメリットは?

ボクがブログを始めた当初は「ロリポップは遅いし重い!」という評判だったけど、色々な次世代ホスティングへの取り組みで昔の悪評ほど遅いレンタルサーバーではなくなっているよ

むしろ、ロリポップでおすすめのスタンダードプランならこの料金帯では標準のレンタルサーバーで、さらに2019/10/15に新しくハイスピードプランができました!

>>ロリポップ公式ページを見る

そこで、ロリポップの評判は悪い?今は初心者におすすめなレンタルサーバーになった理由を説明するよ♪

スポンサーリンク

ロリポップの評判は悪い?ハイスピードプランも新設されて「使いやすい・安定・高速・サポートが充実」になった

2001/11/11にサービスが開始した老舗のレンタルサーバーの ロリポップ! は、これまでの利用者数は170万人で200万サイトが登録されています。

ロリポップのハイスピードプランのセミナーに参加して聞いてきたからわかった事があって、ロリポップを使っている人は「アフィリエイトをやり始めている・やっている人」が多いです!

ますみちゃん
でも、「ロリポップって遅い」って聞いたわよ!騙そうってわけ!?
けい
ちょ!そりゃボクが始めたころはめっちゃ遅いし重かったけど、新しく「ハイスピードプラン」も出て速くなったわ!

元々、ロリポップの管理画面は使いやい上に、「ロリポップって遅いよね」という声に答えて2019/9/2よりハイスピードプランが新たにできてサイト表示速度についても改善されました!

ロリポップは安いから、初心者にはおすすめです。

モジュール版PHPとロリポップ!アクセラレータで速くなった!

ロリポップの評判も「ロリポップって遅い!」と昔からあった悪い評判から、「ワードプレス初心者だけではなく中級者でも全然OKじゃん!」ですよ。

今まではロリポップの評判は「使いやすい・安定している・サポートが充実している」だったけど、新たに「サイトが高速表示できる」も加わりましたね♪

 

ロリポップ(lolipop)の特徴やメリット

ロリポップ(lolipop)の特徴やメリット

ロリポップ! は、ボクも初めてワードプレスでブログを作ったレンタルサーバーです。

ロリポップはアフィリエイトで利用されるレンタルサーバーとして、一番使いやすいレンタルサーバーを目指していて色々と機能が搭載されています。

ますみちゃん
やっぱりレンタルサーバー選びのポイントとして「安定感・使いやすさ」があるわよね~
けい
サーバーを選ぶポイントは「スピード・安定性・サポート」だよね!

ユーザーさんの声や市場の声を取り入れつつ、常に色々な改良を加えているレンタルサーバーのロリポップ。

実際に使っているボクが思う、ロリポップの特徴やメリットを紹介するよ♪

 

ムームードメインと連携してすぐにWordPressが始められる

大体どこのレンタルサーバーでも、初心者さんがWordPressでブログを簡単に始められるように「WordPress簡単インストール機能」がついています。

もちろん、ロリポップにも標準でWordPress簡単インストール機能がついている上に、ムームードメインと連携しているからネームサーバーの設定などもしなくて大丈夫ですよ!

ロリポップではサーバー料金の支払いやユーザー設定などすべての設定が1つの管理画面で設定できるので、ワードプレス初心者さんにはわかりやすいです。

他のレンタルサーバーだと、サーバー設定とユーザー設定が別なところが多いです。

あと、ワードプレス初心者さんが「???」になって、間違えると一瞬でワードプレスのサイトが表示されなくなってしまうファイルを操作するFTP。

ロリポップでは、FTPソフトがいらずに専用の「ロリポップ!FTP」で操作できるのがいいよ!

ドメイン取得サービスのムームードメインについて参考にしてね♪

ムームードメインの評判は?5年以上使っているからわかる料金やメリット・デメリットまとめ
ムームードメインの評判は?5年以上使っているからわかる料金やメリット・デメリットまとめ

ちょうどドメインの取得更新が一斉に来て、お金が万単位で飛んでいきました・・・。 ドメインの取捨選択を迫られていたKEI( ...

続きを見る

 

安定と高速表示を可能な機能が充実している

安定と高速表示を可能な機能が充実している

レンタルサーバーのロリポップは、稼働率99.99%で安定しています。

また、ブログのPV(ページビュー)が多くなってきたり、ブログに多くの写真を載せていたりワードプレス(WordPress)のプラグインをいっぱい入れているとどうしてもワードプレスが重くなってくるときがきます。

ワードプレスが重く・遅くならないように、今では色々なサイトの表示速度の改善ツールがロリポップに搭載されているよ!

 

独自開発のモジュール版PHPでサイト表示速度を高速化

ロリポップは、独自開発のモジュール版PHPでサイト表示速度を高速化しています。

モジュール版PHPは、CGIPHPのおよそ12倍の高速性能を実現してくれます。

ただし、モジュール版PHPはスタンダードプランとエンタープライズプランのみ利用可能となります。

次世代ホスティングへの取り組み

 

ロリポップ!アクセラレータでサイト表示を高速化

ロリポップアクセラレータを利用する事でサイトの表示速度を高速化して、アクセス集中時のサーバー高付加状態でも安定してサイトを表示できます。

管理画面でON/OFF切り替えるだけではなく、画像やCSSなど静的ファイルのみへの適用やキャッシュの削除もできます。

ロリポップアクセラレータを使用することで、WordPressで作成されたサイトで24倍のパフォーマンス改善もできたと公式ページで謳ってます!

エコノミープラン以外は、ロリポップアクセラレータ機能が搭載されています。

実際、エコノミープランはワードプレスが使えないので、全プラン搭載されているといってもいいですね!

ロリポップアクセラレータ

 

同時アクセス数拡張で503エラーを回避

実際にボクも何度もあったんだけど、ブログの記事に関する話題がTVなどで紹介されたりすると、色んな人が見に来てアクセスが集中します。

そうするとレンタルサーバーに高負荷がかかることによって、表示されない「503エラー」をみたことがあるよね?

ロリポップでは、アクセス集中時に起こる503エラーを発生しづらくさせて、サイトが表示されない状態を防ぐ「同時アクセス数拡張機能」があります。

同時アクセス数拡張機能は3日間制限値を緩和してくれるけど、スタンダードプランまたはエンタープライズプランでモジュール版PHPにしている場合のみ使用できます。

同時アクセス数拡張

 

New!Lite Speedサーバーを使ったハイスピードプランの誕生

Lite Speedサーバーを使ったハイスピードプランの誕生

「ロリポップって遅い」という声に答えて、2019/9/2からハイスピードプランが誕生しました!

ロリポップのハイスピードプランは、ストレージがSSD、WebサーバーにはLiteSpeedが採用されていてWordPressが高速になります。

WebサーバーのLiteSpeedは新鋭のレンタルサーバー会社のmixhostやカラフルボックスも採用していて、従来のNginxの10倍以上のパフォーマンスがでる第4のWebサーバーとして注目されています!

他のLiteSpeedサーバーを参考にしつつ、最新の機能を取り入れています。

ストレージも他プランのHDDではなくSSDになるため、理想のサイト高速化をすることができますよ♪

ロリポップ ハイスピードプラン

 

24時間365日メールサポートやチャット・電話でのサポートあり

24時間365日メールサポートやチャット・電話でのサポートあり

ロリポップはマニュアルも充実しているから、WordPress初心者さんでも安心です。

ボクもそうだったけど、ワードプレスが初めてだと専門用語とかでてきてよくわからない事やトラブルは絶対にあります。

ロリポップはワードプレス初心者さんにも優しいという評判通り、24時間365日のお問い合わせ対応などサポート体制が充実しているよ!

ロリポップのサポート

  • お問い合わせフォーム:24時間365日
  • ライブチャット:平日9:00~19:00、土日10:00~13:00 14:00~19:00
  • 電話サポート:10:00~18:00(スタンダードプラン以上)

特に、他サーバーではないところも多い電話サポートが低価格のプラン(スタンダードプラン以上)で受けれます。

電話サポートプランが月額500円からのスタンダードプランでも受けれるのは、ワードプレス初心者さんから評判がいいです。

 

無料のSSLでHTTP/2に対応

無料のSSLでHTTP/2に対応

今やセキュリティに厳しい時代で、Googleさんもhttpsでのブログ運営をしていないとGoogle Chrome上のアドレスバーに赤字で警告がでます!

ロリポップでは、無料の独自SSL証明書から独自SSL(PRO)があってブログをSSL化することができます。

SSL設定も、ボタン1つでSSL証明書を適応できますよ!

もちろん、WordPress側での設定や内部リンク、画像はSSL対応の手順等が必要です。

ロリポップもHTTP/2に対応しているから、サイト表示も速くできますよ!

 

ロリポップの料金や仕様一覧

  エコノミー ライト スタンダード NEWハイスピード エンタープライズ
初期費用 1,500円 1,500円 1,500円 3,000円 3,000円
月額費用(6ヶ月以上契約時) 100円 250円~ 500円~ 1,000円〜 2,000円~
10日間無料お試し あり あり あり あり あり
ディスク容量 10GB 50GB 120GB 200GB 400GB
Webサーバー Apache Apache Apache LiteSpeed Apache
ストレージ HDD HDD HDD SSD SSD
マルチドメイン 20 50 100 無制限 無制限
MySQLデータベース なし 1 30 70 100
データ転送量の制限 50GB/日 100GB/日 150GB/日 200GB/日 200GB/日
モジュール版PHP
コンテンツキャッシュ機能
同時アクセス数拡張機能
>>ロリポップ公式ページを見る

ワードプレス初心者に優しい感じのロリポップだけど、やっぱりレンタルサーバーを借りるとなると気になるのが料金ですよね?

ロリポップ! の料金プランは、月額100円からあるけど・・・。

ますみちゃん
ジュースよりも安いじゃない!月額100円なら、1年でも1,200円でいいわね!さっそくロリポップのエコノミープランを借りましょ♪
けい
ちょ!待った!エコノミープランはワードプレスが使えないから、最低でもライトプラン、おすすめは月額500円からのスタンダードプランだよ!

ロリポップのハイスピードプランのセミナーで、担当者の人から聞いたプランの選び方は

プランの選び方

  • 初心者さん:ライトプラン
  • 電話サポートが欲しい:スタンダードプラン
  • サイト表示速度が速いのがいい:ハイスピードプラン

また、ライトプランとスタンダードプランを比較するとスタンダードプランの方が速いということです!

ロリポップは全プランで10日間の無料お試し期間がついていて、イヤだったら本契約しなければお金はかからないから安心してね♪

ロリポップのプラン毎の違いやデータ転送量について説明するよ♪

 

WordPressはMySQLデータベースが必要なのでライトプラン以上が必要

まず、ワードプレス(WordPress)をサーバーにインストールするのにMySQLデータベースが必要になります。

簡単にいっちゃうと、ワードプレスのブログ1つにMySQLデータベースが1つ必要と考えてください。

実際は、1つのデータベースに複数のサイトをいれることができるんだけど、高負荷になってエラーがでやすくなるよ!

MySQLデータベースがないロリポップのエコノミープランはワードプレスが使えないので、ライトプラン以上になります。

 

プラン別のデータ転送量の制限

データ転送量はブログのPV(ページビュー)と関係していて、サーバーとブログを見ている人の間の転送できるデータ量のことです。

つまり、アナタのブログが人気ブログでめっちゃ多くの人がアクセスすると、「データ転送量に上限があってアクセスしづらくなりますよ」ってことです。

追記 2020/2/20

全プランの1日あたりの転送量制限が大幅アップされました!

ワードプレスが使えるロリポップのライトプランのデータ転送量が100GB/日です!

各個人のブログによって変わってくる(画像を多く使用している、動画を載せているなど)けど、概ね一日のPVが2万PVくらいが許容量になります。

まぁ、1万PVはめっちゃ人気サイトでない限りいかないから、初心者さんは安心してください(笑)

 

ロリポップのデメリット

ロリポップのデメリット

ロリポップは安くてサイト高速化など色々な機能がついているのはわかったけど、デメリットも気になりますね!

もちろん、ボクもロリポップを使っていて他サーバーと比べて気になるところはありますよ。

ますみちゃん
「100円から使える」っていってるライトプランが、ワードプレスが使えないってとこでしょ!
けい
まぁ、ワードプレス以外のホームページ作成ソフトは使えるんだけど、それ以外にもちょっと気になるところはあるんだよ!

他のレンタルサーバーと比べて、ロリポップのデメリット部分を紹介するよ♪

 

プランのアップグレードはできるけどダウングレードができない

ロリポップのプラン変更は、アップグレードはできるけどダウングレードはできません!

例えば、スタンダードプランで初めて「そんなにPVがないし、安いライトプランがいい!」といってもライトプランにダウングレードはできないの。

他レンタルサーバーなら簡単にすぐにダウングレードもOKなんだけど、そこはロリポップは融通が利かないので、最初のプラン選びは慎重にいきましょう。

 

バックアップオプションは有料

他レンタルサーバーではバックアップが無料で、1週間分などのデータをバックアップしてくれて復元することができるだけど・・・。

ロリポップでは、データバックアップは有料で月額300円からです。

もちろん、データ保全のためにロリポップ側で定期的に実施しているバックアップはあるけど、そこから自分で復元することはできないの。

でも、大体の人はワードプレスのバックアッププラグインの「UpdraftPlus」とかで自分でバックアップをしているけどね!

 

ハイスピードプランはまだユーザー数が少ない

新しくできたロリポップのハイスピードプランはメリットだらけだけど、唯一のデメリットといえば使用ユーザー数がまだ少ないということです。

つまり、ちょっとしたトラブルがあったりした場合や使用感の情報が少ないですね。

でも、今後使う人が絶対に増えるから安定感の情報やトラブルに見舞われた場合の対処法もわかるようになります!

 

アダルトサはイトの運営は禁止

「これからちょっとアダルトなブログを書いていこう」という人もいるよね?

ロリポップでは、アダルトサイトの運営は禁止されています!

内緒で運営していても、見つかったら問答無用でバンされるからね!

もちろんアフィリエイトをする時も、アダルト、出会い系や危険ドラッグに関連するリンクに該当する広告は設置できないです。

アダルトサイトを運営したい場合は、 mixhost(ミックスホスト) カラフルボックスがおすすめです。

 

まとめ

ロリポップが遅い・重いといわれていたのは一昔前の評判で、スペックも向上してこの低価格帯では満足いくレンタルサーバーです。

ワードプレス初心者さんが欲しい電話サポートやサイトを高速化する機能がすべて使えるのが、月額500円からのロリポップのスタンダードプランからになります。

「ロリポップ」は、こんな方にはおすすめですね♪

こんな方におすすめ

  • 安くワードプレス(WordPress)でブログを作成したい!
  • ワードプレス初心者さんで電話サポートを受けたい!
  • ブログを続けるかどうかわからないから、お試しで作成したい!

ボクも初めてワードプレス(WordPress)でブログを作った時はロリポップだったし、周りの友達もロリポップで始めました。

ますみちゃん
月額500円なら、他サーバーが月額1,000円とかするから安いもんよね♪
けい
そそ。ブログを書いていって続けられる&人気が出てきたなら、レンタルサーバー移行も考えだせばいいしね!

ムームードメインとロリポップは連携しているので、ネームサーバーなどの設定が簡単になります。

ロリポップは、「お試し感覚でブログをワードプレスで初めて作りたい!」って初心者さんにおすすめのレンタルサーバーです。

ロリポップは国内最大級の利用者数で安心・安定のレンタルサーバーです。

あわせて読みたい

初心者でも迷わない!ロリポップで安くWordPressブログの始め方を徹底解説
初心者でも迷わない!ロリポップで安くWordPressブログの始め方を徹底解説

「ワードプレス(WordPress)でブログを始めようかな」と迷っている人は、無料ブログと違ってどのような手順で始めたら ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
KEI

KEI

初めて簡単なサイトを作ったのはサイトサービスのGaiaxで、その後にアメブロでブログを書いていました。
WordPressに移行してWordPress運営は5年ほどです。

-レンタルサーバー
-

Copyright© KEILOG , 2020 All Rights Reserved.