レンタルサーバー

エックスサーバーでWordPressの始め方!ブログ初心者にSSL化までの手順を画像付きで徹底解説

KEI

エックスサーバーでWordPressの始め方!ブログ初心者にSSL化までの手順を画像付きで徹底解説

https://keislog.com

安定していて、サイト表示速度が出る評判のレンタルサーバーがやっぱりいいですよね!

かれこれ6年使っていて、数々のブログ・サイトをエックスサーバーで立ち上げています。

エックスサーバーはブログ初心者からアフィリエイターまで幅広く使われているレンタルサーバーで、色々な人が「最初に選んでおけば、間違いない!」と口を揃えていいます。

エックスサーバーでWordPress(ワードプレス)の始め方は?

WordPressのインストールは、どうやったらいいの?SSL化は?

始めてWordPressブログを作る人には、「独自ドメインをエックスサーバーと紐づけて・・・」っていわれても、さっぱりわからないよね!

実際にエックスサーバーでWordPressブログを何個も作っているけど、慣れてしまえば1時間もかからずにエックスサーバーでWordPressブログの作成準備は終わります。

そこで、エックスサーバーでワードプレスの始め方からSSL化までを、ブログ初心者さんにもわかりやすく徹底解説するよ♪

    \ 抜群の安定・安心感

エックスサーバー(XSERVER)でWordPress(ワードプレス)ブログの始め方

エックスサーバー(XSERVER)でWordPress(ワードプレス)ブログの始め方

WordPress(ワードプレス)でブログ・サイトを始めるには 、「ドメイン」と「レンタルサーバー」が必要です。

ドメインとレンタルサーバーを契約してWordPressをインストールすると、ブログやサイトを始める事が出来ます。

ますみさん

エックスサーバーが、レンタルサーバーでしょ?独自ドメインは、どこで取ったらいいの?

けい

エックスサーバーでWordPressのブログ・サイトを何個も立ち上げてるから、画像付きで1つずつ手順をわかりやすく説明するよ!

色々なブロガーやアフィリエイターが、「レンタルサーバー選びで迷ったら、エックスサーバーにしとけ!」というほど安定しているサーバー

おまけに、エックスサーバーはエックスドメインというドメイン取得サービスがあるので、同じサービス内で利用できるからめっちゃ便利ですよ!

エックスサーバー でWordPressのブログ・サイトを始める手順として

WordPress(ワードプレス)のブログ・サイトの始め方

  • エックスサーバー(XSERVER)に申し込む
    • レンタルサーバーのエックスサーバーに申し込む手順や、おすすめのプランの説明です。
  • 独自ドメインを取得する
    • 独自ドメインをエックスドメインで取得する場合の方法の説明です。
    • 他ドメイン取得サービスで取得する場合は、この手順は飛ばしてください。
  • 独自ドメインをエックスサーバーと紐づける
    • 独自ドメインをレンタルサーバーのエックスサーバーに登録して、ドメインとレンタルサーバーの紐づけ手順の説明です。
    • エックスドメインでドメインを取得した場合は、この手順は飛ばしてください。
  • エックスサーバーのSSL設定をする
    • エックスサーバーに登録したドメインにSSL証明書を発行して適応させる方法の説明です。
    • ドメイン設定で「無料独自SSL設定に失敗しました」と表示されなかった場合は、この手順は飛ばしてください。
  • エックスサーバーにWordPress(ワードプレス)をインストールする
    • エックスサーバーでWordPressをインストールする方法を説明します。
  • WordPressのURLをhttpsにする
    • エックスサーバーの場合のWordPressのSSL化と、リダイレクト設定についての説明です。

この手順で、初めてWordPressを立ち上げる人でも迷わずにエックスサーバーにWordPressをインストールして、ブログやサイトを始める事ができるよ。

初めてエックスサーバーでWordPressのブログ・サイトを作る人に、ドメインの設定から反映、WordPressをインストールしてSSL化する手順をわかりやすく説明しますね。

エックスサーバーに申し込む

  • エックスサーバー(XSERVER)に申し込む
    • レンタルサーバーのエックスサーバーに申し込む手順や、おすすめのプランの説明です。
  • 独自ドメインを取得する
  • 独自ドメインをエックスサーバーと紐づける
  • エックスサーバーのSSL設定をする
  • エックスサーバーにWordPress(ワードプレス)をインストールする
  • WordPressのURLをhttpsにする

最初にブログやサイトを作成するために、WordPressのデータを置いておくレンタルサーバーを契約します。

ブロガーからアフィリエイターにまで人気のエックスサーバーと契約をします。

ますみさん

エックスサーバーに申し込んだら、すぐにお金を払わないといけないわけ!?

けい

「まずはお試し10日間無料」ってボタンに書いてある通り、お試し期間が10日間あるから安心して!

エックスサーバーは10日間の無料お試し期間があるので、焦らずに作業しましょう♪

レンタルサーバーのエックスサーバーに申し込む手順を説明するよ♪

追記 2020/4/7

無料オプションサービス「WordPressクイックスタート」が、開始されました!

サーバーとドメインを同時に申し込む場合は、サーバー申し込み画面で必要項目を入力していくだけでWordPressのインストールからSSL化まですぐに終えて、ブログを書くことができます。

エックスサーバー(XSERVER)の申し込みフォームへ

エックスサーバー(XSERVER)の申し込みフォームへ
エックスサーバー(XSERVER)の申し込みフォームへ

エックスサーバー のサイトの上メニューバーの「お申込み」か、画面内オレンジボタンの「まずはお試し10日間無料」をクリックします。

どちらをクリックしても同じ申し込み画面に遷移するので、安心してくださいね!

次の画面で「10日間無料お試し 新規お申込み」ボタンをクリックします。

おすすめはスタンダード(旧X10)!申し込み内容選択

おすすめはスタンダード(旧X10)!申し込み内容選択

エックスサーバーの申込をします。

サーバーIDは、最初から割り当てられたものでも大丈夫です。

エックスサーバーのおすすめプランは、一番下のスタンダードプラン(旧X10)でも十分なくらいです。後からプラン変更もできます

ドメインをエックスドメインで取得する場合は、WordPressクイックスタートの「利用する」にチェックをいれます。

ただし、10日間のお試し期間がないので、注意してください。

「Xserverアカウントの登録へ進む」をクリックします。

エックスサーバーのアカウント情報の入力

エックスサーバーのアカウント情報の入力
エックスサーバーのアカウント情報の入力

エックスサーバーのアカウント情報入力フォームが表示され、必要事項を入力していきます。

アカウント情報入力項目

  • メールアドレス:Xserverアカウントにログインするときに使います
  • パスワード:Xserverアカウントにログインするためのパスワード
  • 登録区分:法人化していないなら、個人で大丈夫です

最後に「利用規約」「個人情報の取り扱いについて」に同意するにチェックをいれて、「次へ進む」をクリックします。

内容を確認する

内容を確認する
内容を確認する

登録したメールアドレスに確認コードが送信されるので、確認コードを入力します。

確認コードを入力したら、「次へ進む」をクリックします。

お申込み内容確認画面で、契約内容や登録内容があっているか確認します。

あっていたら、「この内容で申込みする」をクリックします。

SMS・電話認証をする

SMS・電話認証をする
SMS・電話認証をする

SMS・電話認証画面に遷移します。

日本に住んでいるのならそのままで、前画面で入力した電話番号が表示されています。

表示されている電話番号でSMS・電話番号認証をするなら、そのままでOKです。

取得方法は、「テキストメッセージで取得(SMS)」か「自動音声通話で取得」のお好きな方を選択します。

「認証コードを取得する」をクリックします。

SMS、または電話番号にかかってきた5桁の認証コードを入力して、「認証して申し込みを完了する」をクリックします。

SMS・電話認証をする

5桁の認証コードがあっていれば、お申し込み完了画面が表示されます。

エックスサーバーからメールが届く

XSERVERからメールが届く
XSERVERからメールが届く

エックスサーバーから申し込み完了のメールがきます。

メールに記載されているエックスサーバーアカウントのIDやパスワード、その他の情報を今後使っていくので、大切に保管しておいてね!

料金を支払う

料金を支払う

現段階では仮契約状態なので、料金を支払います。

無料期間中に料金を支払っても10日間無料サービス期間は無くならず、お試し期間(10日)終了後からの契約となるので安心してください。

トップページ>右上の「ログイン」から「Xserverアカウント」をクリックして、Xserverアカウント(旧インフォパネル)ログインページに遷移します。

メールに記載された「メールアドレス」か「エックスサーバーアカウントID」「エックスサーバーアカウントパスワード」を入力して、ログインします。

料金を支払う
料金を支払う

画面上のメニューの「料金支払い」をクリックします。

お支払いフォームの入力項目

  • 支払うサーバーにチェックを入れます。
  • 契約する期間を選択(期間は長めにするほど1ヵ月あたりの料金が安くなります)
  • 「支払い方法を選択する」をクリックします。

料金は、クレジットカード・銀行振込・コンビニエンスストア・ペイジーで支払うことができます。

お好きな支払い方法を選択してください。

料金を支払えば、レンタルサーバーのエックスサーバーの申し込みが完了です。

独自ドメインを取得する

  • エックスサーバー(XSERVER)に申し込む
  • 独自ドメインを取得する
    • 独自ドメインをエックスドメインで取得する場合の方法の説明です。
    • 他ドメイン取得サービスで取得する場合は、この手順は飛ばしてください。
  • 独自ドメインをエックスサーバーと紐づける
  • エックスサーバーのSSL設定をする
  • エックスサーバーにWordPress(ワードプレス)をインストールする
  • WordPressのURLをhttpsにする

エックスサーバーの申し込みが終わったら、次はドメインを取得します。

エックスサーバーは独自ドメインプレゼントキャンペーンをよくやっていて、解約しない限り永久無料で使えます。

ますみさん

ドメインが無料でもらえるの?

けい

今は12ヶ月以上の契約&自動更新設定なら、独自ドメインが1つ永久無料でもらえるよ!

エックスドメイン でドメインを取得するとネームサーバーの変更もする必要がなく、レンタルサーバーとの紐づけも簡単になるし、同じサービスでレンタルサーバーとドメインを管理できればラクですね!

ボクのようにムームードメインでドメインを取得しているなど、他ドメインサービスでドメインを取得している場合は、「3.独自ドメインをエックスサーバーと紐づける」まで飛ばしてください。

エックスドメインでドメインを取得する方法を説明するよ♪

エックスサーバーアカウント(旧インフォパネル)からドメイン取得画面へ

エックスサーバーアカウント(旧インフォパネル)からドメイン取得画面へ
エックスサーバーアカウント(旧インフォパネル)からドメイン取得画面へ

エックスサーバーアカウント(旧インフォパネル)にログインします。

画面メニューの「ドメイン」から、「ドメイン取得」をクリックします。

キャンペーンドメインを取得する場合は、左メニューの「各種特典のお申し込み」でドメイン取得できます。

comかnetにしておいた方がいいよ!欲しいドメインを検索して申し込む

欲しいドメインを検索して申し込む

ドメインの新規取得画面で、お好きな英数字のドメイン名を入力します。

ドメインに続く文字(.comなど)にチェックを入れます。

ドメインの後ろ部分のおすすめは、「.com」か「.net」です。

「ドメインを検索する」をクリックします。

ドメイン料金の支払い

ドメイン料金の支払い
エックスドメイン 料金

ドメイン名が空いていて取得可能な場合は、検索結果に料金などが表示されます。

登録年数を選択(1年でOKです!)して、利用規約に同意にチェックをいれて、「お申し込み内容の確認とお支払いへ進む」をクリックします。

料金はクレジットカード・銀行振込・コンビニエンスストア・ペイジーで支払うことができます。

お好きな支払い方法を選択してください。

料金を支払えば、ドメイン取得が完了です。

独自ドメインをエックスサーバーと紐づける

  • エックスサーバー(XSERVER)に申し込む
  • 独自ドメインを取得する
  • 独自ドメインをエックスサーバーと紐づける
    • 独自ドメインをレンタルサーバーのエックスサーバーに登録して、ドメインとレンタルサーバーの紐づけ手順の説明です。
    • エックスドメインでドメインを取得した場合は、この手順は飛ばしてください。
  • エックスサーバーのSSL設定をする
  • エックスサーバーにWordPress(ワードプレス)をインストールする
  • WordPressのURLをhttpsにする

レンタルサーバーの登録とドメインの取得が終わったら、レンタルサーバーとドメインを紐づけます。

ますみさん

エックスドメインでドメインを取得したら、それで終わりじゃないの?

けい

エックスサーバーのドメインの場合はいいけど、他のドメイン取得サービスの場合は「ドメインとレンタルサーバーが、ちゃんとセットになってますよ~」ってしないと、WordPressが表示されないんだよ

エックスドメインでドメインを取得した場合は、「4.エックスサーバーのSSL設定をする」まで飛ばしてください。

エックスサーバーとドメインを紐づける設定を説明するよ♪

エックスサーバーのドメイン設定

エックスサーバーのドメイン設定
エックスサーバーのドメイン設定

エックスサーバーアカウント(旧インフォパネル)にログインします。

「サーバー」部分の「サーバー管理」をクリックします。

サーバーパネルのドメインセクションの「ドメイン設定」をクリックします。

ドメイン追加設定

ドメイン追加設定

ドメイン設定画面で、「ドメイン設定追加」タブをクリックします。

ドメイン設定追加

  • ドメイン名:取得したドメイン名を入力(例keislog.comなどhttps://はなし)
  • 「無料独自SSLを利用する(推奨)」と、「高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)」のチェックはそのまま
  • 「確認画面へ進む」をクリックします。

ドメイン名入力は、example.comなどURLの頭のhttp://を入力しないでください。

無料独自SSLは失敗でもOK

無料独自SSLは失敗でもOK
無料独自SSLは失敗でもOK

追加するドメインの入力が正しいか確認して、「追加する」をクリックします。

「ドメイン設定の追加を完了しました。設定内容は以下の通りです。」の画面が表示されば、OKです。

他社ドメインサービスの場合は無料独自SSL設定で失敗するけど、後でSSL設定をするのでそのままでOKです。

ドメインサービスのネームサーバーを変更する

他社でドメイン取得した場合は、ネームサーバーを変更します。

エックスサーバーのネームサーバー名は

エックスサーバーのネームサーバー

  • ns1.xserver.jp
  • ns2.xserver.jp
  • ns3.xserver.jp
  • ns4.xserver.jp
  • ns5.xserver.jp

です。

ドメインサービスごとにネームサーバーの変更箇所が違うので、ドメインサービスのマニュアルを見てネームサーバーの設定をしてください。

ムームードメインの場合は、「ムームードメインのネームサーバーの変更箇所」の記事を参考に変更してください。

エックスサーバーのSSL設定をする

  • エックスサーバー(XSERVER)に申し込む
  • 独自ドメインを取得する
  • 独自ドメインをエックスサーバーと紐づける
  • エックスサーバーのSSL設定をする
    • エックスサーバーに登録したドメインにSSL証明書を発行して適応させる方法の説明です。
    • ドメイン設定で「無料独自SSL設定に失敗しました」と表示されなかった場合は、この手順は飛ばしてください。
  • エックスサーバーにWordPress(ワードプレス)をインストールする
  • WordPressのURLをhttpsにする

次は、独自ドメインにSSL設定をします。

SSL化は、URLの頭がhttp://からhttps://と「s」がついた状態になります。

ますみさん

どのブログやサイトを見ても、ほとんどhttps://から始まっているアレね!

けい

SSL化はサイトのセキュリティー強化の一環で、Googleさんも推奨しているの!そのうちSSL化してないブログ・サイトは、Google Chromeで表示されなくなる予定なんだよ!って、今でもアドレスバーに!マークで警告がでるけどね。

エックスサーバーは無料でSSL証明書を発行できるので、SSL化しましょう。

ドメイン設定で「無料独自SSL設定に失敗しました」と表示されなかった場合はここは飛ばして、次の手順の「5.エックスサーバーにWordPressをインストールする」に進んでください。

サーバーパネルのSSL設定

サーバーパネルのSSL設定

エックスサーバーアカウント(旧インフォパネル)にログインします。

下にスクロールして、「サーバー」部分の「サーバー管理」をクリックします。

サーバーパネルのドメインセクションの「SSL設定」をクリックします。

独自SSL設定追加

独自SSL設定追加

「独自SSL設定追加」タブをクリックします。

SSL化したい独自ドメインを選択します。

「確認画面へ進む」をクリックします。

「URLに独自SSL設定を追加しました。」と表示されればOK

「URLに独自SSL設定を追加しました。」と表示されればOK
「URLに独自SSL設定を追加しました。」と表示されればOK

「追加する」をクリックします。

しばらくして、「URLに独自SSL設定を追加しました。」と表示されればOKです。

最大1時間!反映待ちが消えればSSL化完了

最大1時間!反映待ちが消えればSSL化完了

SSL設定一覧タブで「反映待ち」の表示が消えれば、独自ドメインにSSL設定が完了です。

最大で1時間程度かかるけど、その間に次の作業をします!

エックスサーバーにWordPress(ワードプレス)をインストールする

  • エックスサーバー(XSERVER)に申し込む
  • 独自ドメインを取得する
  • 独自ドメインをエックスサーバーと紐づける
  • エックスサーバーのSSL設定をする
  • エックスサーバーにWordPress(ワードプレス)をインストールする
    • エックスサーバーでWordPressをインストールする方法を説明します。
  • WordPressのURLをhttpsにする

ドメインとサーバーの紐づけと独自ドメインのSSL設定も終わったので、いよいよエックスサーバーにWordPressをインストールします。

WordPressのインストールは、エックスサーバーでは簡単にできます。

ますみさん

「WordPress」ってソフトをダウンロードして、アップロードしないといけないの?

けい

うんにゃ!エックスサーバーのサーバー管理画面から簡単にできるよ!

複雑な手順もないので、安心してくださいね!

エックスサーバーにWordPressをインストールする方法を説明するよ♪

WordPress簡単インストール設定で対象ドメインを選択する

WordPress簡単インストール設定で対象ドメインを選択する
WordPress簡単インストール設定で対象ドメインを選択する

エックスサーバーアカウント(旧インフォパネル)にログインします。

下にスクロールして、「サーバー」部分の「サーバー管理」をクリックします。

サーバーパネルのWordPressセクションで、「WordPress簡単インストール」をクリックします。

ドメイン選択画面で、WordPressをインストールしたいドメイン横の「選択する」をクリックします。

WordPressインストールに必要な項目を入力する

WordPressインストールに必要な項目を入力する

WordPress簡単インストール画面で、「WordPressインストール」タブをクリックします。

必要項目を入力していきます。

WordPressインストール入力項目

  • サイトURL:設定対象ドメインがWordPressをインストールしたいドメインになっていることを確認。/以降は空欄でOKです。
  • ブログ名:ブログ・サイト名を入力(あとで変更することができます)
  • ユーザー名:WordPressにログインする時のユーザ名
  • パスワード:WordPressにログインする時のパスワード
  • メールアドレス:管理用のメールアドレス
  • キャッシュ自動削除・データベース:デフォルトのまま「ONにする」「自動でデータベースを生成する」でOKです。

ユーザー名とパスワードは毎回WordPressにログインする時に必要だから、忘れないようにメモなどしてください!

入力し終えたら、「確認画面へ進む」をクリックします。

WordPressインストールに必要な項目を入力する

入力した項目があっているか確認をして、「インストールする」をクリックします。

表示されるログインURLなどを控えておく

表示されるログインURLなどを控えておく

WordPressのインストールが完了すると、管理画面URLなどの情報が表示されます。

WordPressにログインする時の情報やデータベースの情報などが表示されるので、メモをしておきましょう!

万が一メモをしていない場合でも、「インストール済みWordPress一覧」タブで対象ドメインをクリックすれば同じ画面が表示されるので、安心してください。

管理画面URLをクリックすると、WordPressのログイン画面が表示されます。

「無効なURLです。プログラムの設定の反映待ちである可能性があります。しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。」と表示されても大丈夫です。

1~2時間後にアクセスすると、WordPressログイン画面が表示されます。

WordPressのURLをhttpsにしてリダイレクト設定をする

  • エックスサーバー(XSERVER)に申し込む
  • 独自ドメインを取得する
  • 独自ドメインをエックスサーバーと紐づける
  • エックスサーバーのSSL設定をする
  • エックスサーバーにWordPress(ワードプレス)をインストールする
  • WordPressのURLをhttpsにする
    • エックスサーバーの場合のWordPressのSSL化とリダイレクト設定についての説明です。

WordPressのインストールが終わったら、ログインしてみましょう!

ますみさん

よし!WordPressにログインできたし、記事を書くわよ♪

けい

ちょっと待って!WordPress側のSSL設定だけは最初にやらないと後で大変な作業になるから、やっておこう!

記事を書く前に、WordPress側のSSL設定を最初にしておきましょう。

あと、エックスサーバーでhttpからhttpsにリダイレクトする設定もしておきます。

WordPress側のSSL設定とエックスサーバーでhttp://からhttps://にリダイレクトする設定を説明するよ♪

WordPressのURLをhttpsにする

エックスサーバー WordPressのURLをhttpsにする
エックスサーバー WordPressのURLをhttpsにする

さっきの管理画面URL(http://~/wp-admin/)をクリックします。

WordPress簡単インストール時に入力したログイン名とパスワードを入力して、ログインします。

WordPressの管理画面で、ダッシュボードの設定>一般をクリックします。

一般設定画面の「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」のhttpの後ろにsをつけて、https://~の形にします。

最後に、一番下の「変更を保存」をクリックします。

これで、WordPress側のSSL設定作業は完了です。

エックスサーバーで.htaccess編集をしてhttpからhttpsにリダイレクト設定をする

エックスサーバーで.htaccess編集をしてhttpからhttpsにリダイレクト設定をする
エックスサーバーで.htaccess編集をしてhttpからhttpsにリダイレクト設定をする

SSL設定をしてURLがhttpsから始まるURLになったけど、間違ってhttpから始まるURLでアクセスする人がいるかもしれません。

そこで、httpからhttpsにリダイレクト設定をしておくと、httpから始まるURLにアクセスしても自動でhttpsに転送(リダイレクト)してくれます。

よくわからないWordPress初心者さんも、ページが表示されない、検索エンジンからの評価が下がるなどデメリットがあるので、とりあえず設定しておきましょう。

エックスサーバーアカウント(旧インフォパネル)にログインします。

下にスクロールして、「サーバー」部分の「サーバー管理」をクリックします。

サーバーパネルのホームページセクションの「.htaccess編集」をクリックします。

ドメイン選択画面で、.htaccess編集するドメイン名横の「選択する」をクリックします。

エックスサーバーで.htaccess編集をしてhttpからhttpsにリダイレクト設定をする
エックスサーバーで.htaccess編集をしてhttpからhttpsにリダイレクト設定をする

基本的には、# BEGIN WordPressの直前に以下のコードを記述します。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

今回のようなWordPressをインストールしたばかりなら、先頭に記述しましょう。

ちょっとでも余分な文字が入ったり、必要な記述が消されるとWordPressの画面が真っ白になって表示されなくなるので、注意してください!

コードを記述したら、「確認画面へ進む」をクリックします。

コードが記述されていることを確認して、「実行する」をクリックします。

最後に自分のブログ・サイトのURLをhttp://~にしてアクセスして、https://~始まるURLに繋がればリダイレクトは成功です!

または、リダイレクトチェックツールを使って「301リダイレクト」と結果が表示されるか、確認してみてください。

まとめ

エックスサーバーはWordPress初心者から上級者まで使っている、安定していてサイト表示速度も速いブログ・サイトを作成できます。

数十万PV(ページビュー)でも、スタンダードプラン(旧X10)で大丈夫です。

ここまで設定できたらWordPressのインストールが完了で、後はWordPress側で必要最低限の設定をしていきます。

ますみさん

1時間くらいで、エックスサーバーでWordPressを始めれるわね!

けい

慣れたら30分もかからず、WordPressにログインまでは行けるよ♪

エックスサーバーはお試し期間が10日間あるので、焦らずにしっかりと作業をしましょう。

エックスサーバーは使っている人も多いし、サポート体制もしっかりしているので、初心者さんにもおすすめのレンタルサーバーで後悔はしないですよ♪

あわせて読みたい

エックスサーバーの評判・口コミは?料金や転送量、特徴をおすすめプランを使用歴6年が徹底解説

2022/6/23

エックスサーバーの評判・口コミは?料金や転送量、特徴をおすすめプランを使用歴6年が徹底解説

ブログやサイト運営をしていて、PV(ページビュー)が増えてくると気になるのが「サイトの表示速度」ですね! ボクもサイトの表示速度に悩んで、色々と試行錯誤しました。 色々なレンタルサーバーを使っているけど、もう6年、そしてこれからも使う 多くのアフィリエイターやブロガーから、「エックスサーバーは安定している」と評判ですね! ボクもロリポップでサイトの表示速度に悩んだ時にエックスサーバーに移行したけど、エックスサーバーは評判通りホントに安定していて、サイト表示速度は速いです! みんなが「初心者におすすめのレン ...

WordPressをインストールした後に初めにやるべき初期設定を徹底解説

2022/4/30

WordPressの初期設定!ブログ初心者が初めにやるべきおすすめ設定ややり方を徹底解説

もう何個WordPress(ワードプレス)でサイトやブログを立ち上げたかわからない・・・。 でも、毎回初めにやっておく設定のどこかが抜けているんですよ(笑) 独自ドメインを取ってレンタルサーバーを契約してWordPressのインストールまで終わったから、「さぁブログを書くぞぉ!」ってなっているアナタ。 WordPressをインストールした後にやっておいた方がいい初期設定はやった? ブログ記事を書きたい気持ちはわかるけど、まずはWordPressの初期設定をしておきましょう! 時々、ボクもWordPress ...

WordPressのテーマ(テンプレート)の選び方やインストール方法を徹底解説

2021/7/11

WordPressのテーマ(テンプレート)の選び方やインストール方法を徹底解説

先日、友達から「WordPress(ワードプレス)でブログを始めたけど、テーマ(テンプレート)って何がいい?」と相談を受けました。 そういえばボクも最初に悩んだけど、当時人気の無料のWordPressのテーマのStinger5で始めたんですよね。 WordPressのテーマ(テンプレート)は、無料ブログでいえば「スキン」と同じでブログの外観デザインや構成、骨組みですね! WordPressテーマって無料と有料があるけど、どちらがいい?インストールするにはどうしたらいいの? ブログの顔ともなるWordPre ...

WordPress(ワードプレス)ブログ初心者におすすめのレンタルサーバー

「WordPress(ワードプレス)でブログを始めよう!」と思い立ったけど、まず必要な独自ドメインとレンタルサーバー。

5年以上ブログ・アフィリエイトをやって色々なレンタルサーバーを使ったからわかる、WordPressブログ初心者におすすめのレンタルサーバーを実体験で紹介します。

国内シェアNo1 高速&安定のエックスサーバー

アフィリエイターやブロガーだけではなく、ビジネスサイトまで運用サイト数は200万件を突破した国内No1シェアのエックスサーバー。

高速・多機能・高安定性で色々な便利な機能が多数あり、ボクも6年以上使っていて1度も問題がないWordPressが初めての人でもおすすめのレンタルサーバーです。

WordPress超高速環境のKUSANAGIの技術導入、最新サーバーの導入で従来の3倍以上の処理速度で国内サーバー速度No1を謳ってます。

エックスサーバーは複数サイト運営もOKで、独自SSLも無料対応、24時間365日で電話サポートがあって安定・安心のレンタルサーバーです。

2022/7/21まで12ヵ月以上の契約で初期費用0円と月額利用料が20%オフで792円からのキャンペーンをやっています。

さらにX10プランで12ヶ月以上の契約&自動更新設定なら独自ドメインが1つ無料で貰えます。

満足度調査3冠!アダルトサイトもOKでサイト表示速度の速いmixhost

mixhost

2019年7月期日本マーケティングリサーチ機構調べで「アフィリエイター&ブロガー満足度」「アクセス処理速度満足度」「表示スピード満足度」の1位を獲得したmixhost(ミックスホスト)

ボクが別ブログで使っている一押しレンタルサーバーのmixhostは、高速で高機能、高安定性を追求した初期費用無料のピュアSSD採用高性能クラウド型レンタルサーバーです。

SSDなのでページ表示速度も速いし、mixhostだけで使えるプラグイン「LiteSpeed Cache」を使えばほとんどデフォルト設定でキャッシュ+サイト高速化できます!

複数サイト運営もマルチドメイン無制限で、しかもアダルトサイトもOKな上にもちろん無料SSLも付いていて特にサーバー側で設定することなくSSL化できますよ♪

今ならプレミアムプラン以上の契約で初回支払い金額が半額になるキャンペーンをやっています。また、12ヶ月以上の契約でドメイン1個永久無料で貰えます。

超快適!アダルトもOKで格安のカラフルボックス

超高速Webサーバー「LiteSpeed」と「HTTP/3」「QUIC」の高速化技術で高速・高機能・高コストパフォーマンスのクラウド型レンタルサーバーのColorfulBox(カラフルボックス)

東日本・西日本のリージョン選択が可能で、セキュリティが万全です。

アダルトサイトの運用がOKなカラフルボックスアダルトもあり、格安で運用できるレンタルサーバーです。

地域別 自動バックアップ機能があって、安心・安全にサイト・ブログ運営ができますよ。

2022/6/30までクーポンコード「SV25NQ4756YUMC」を入力すると、BOX2からBOX8のレンタルサーバー初回利用料が25%オフになるキャンペーンをやっています。

また、サーバーの12ヵ月以上の契約でドメインの利用料金が永久無料になるキャンペーンもをやっています。

国内最速!高性能レンタルサーバーのConoHa WING

国内最速を謳い、ホントに実感できるほどの独自チューニングがされたキャッシュ機能があるConoHa WING(コノハウィング)

サーバー稼働率99.99%以上保証でセキュリティ機能も豊富で万全、電話サポートもあって安心です。

WordPressかんたん移行機能やサイトコピー機能でワンクリックで複製できます!

2022/7/4まで新規でWINGパックの12ヵ月以上の申し込みで最大47%オフ、月額687円から使用できるキャンペーンをやっています。

おまけに独自ドメインが最大2個永久無料で使えて、WordPress移行代行サービスが無料で利用できますよ。

老舗!安心・安定のロリポップ!

レンタルサーバー界では重鎮の老舗のロリポップ!

新しいLiteSpeedを採用したプランにサイト表示速度が速くなる施策が次々と出てきて、「安いレンタルサーバーがいい」というWordPress初心者さんにおすすめです。

管理画面もわかりやすくて見やすい、電話サポートがあるのもWordPress初心者さんに優しいですよ!

サポート満足度94%のロリポップは250円/月から借りられます。

ハイスピードプランは550円/月からでSSD+LiteSpeedでサイト表示速度がめっちゃ速くなりますよ。

2022/7/3までライトプランまたはスタンダードプランを12ヵ月以上新規申し込みで初期費用が無料になるクーポンが貰えるキャンペーンをやっています。

-レンタルサーバー
-,