レンタルサーバー

ConoHa WINGでワードプレスの始め方!ブログ初心者にドメイン取得からSSL化やネームサーバー設定など使い方を徹底解説

KEI

ConoHa WINGでワードプレスの始め方!ブログ初心者にドメイン取得からSSL化やネームサーバー設定など使い方を徹底解説

https://keislog.com

アフィリエイターから名だたるブロガーがおすすめしてる、レンタルサーバーのConoHa WING(コノハウィング)。

実際に、2019年夏からConoHa WINGを使っています。

ConoHa WINGは、WordPress(ワードプレス)でブログ・サイトを始める事に特化したレンタルサーバーです。

ConoHa WINGでWordPress(ワードプレス)の始め方は?

WordPressのインストールは、どうやったらいいの?SSL化は?

WordPress(ワードプレス)初心者さんも、みんなが「めっちゃサイト表示速度が速くなるから、ConoHa WINGはおすすめ!」って押されたら、使いたいよね?

実際にConoHa WINGでWordPress(ワードプレス)ブログを何個も作っているけど、慣れてしまえば1時間もかからずにConoHa WINGでWordPressブログの作成準備は終わります。

そこで、ConoHa WINGでワードプレスの始め方からSSL化までを、ブログ初心者さんにもわかりやすく徹底解説するよ♪

ConoHa WING(コノハウィング)でWordPress(ワードプレス)ブログの始め方

ConoHa WING(コノハウィング)でWordPress(ワードプレス)ブログの始め方

WordPress(ワードプレス)でブログ・サイトを始めるには、「ドメイン」と「レンタルサーバー」が必要です。

ドメインとレンタルサーバーを契約してWordPressをインストールすると、ブログやサイトを始める事が出来ます。

ますみさん

ConoHa WINGが、レンタルサーバーでしょ?ワードプレスは、どうやってインストールするの?

けい

ConoHa WINGでワードプレスのブログ・サイトを何個も立ち上げてるから、画像付きで1つずつ手順をわかりやすく説明するよ!

国内最速と謳っているように、ホントにワードプレスのサイト表示速度も速く、管理画面も使いやすいConoHa WINGです。

ConoHa WING でWordPressのブログ・サイトを始める手順として

WordPress(ワードプレス)のブログ・サイトの始め方

  • ConoHa WING(コノハウィング)に申し込む
    • レンタルサーバーのConoHa WINGに申し込む手順や、おすすめのプランの説明です。
  • 独自ドメインを取得する
    • 独自ドメインをConoHa WINGで取得する場合の方法の説明です。
    • 他ドメイン取得サービスで取得する場合は、この手順は飛ばしてください。
  • 独自ドメインをConoHa WINGと紐づける
    • 独自ドメインをレンタルサーバーのConoHa WINGに登録して、ドメインとレンタルサーバーの紐づけ手順の説明です。
    • ConoHa WINGでドメインを取得した場合は、この手順は飛ばしてください。
  • ConoHa WINのSSL設定をする
    • ConoHa WINGに登録したドメインにSSL証明書を発行して適応させる方法の説明です。
  • ConoHa WINGにWordPress(ワードプレス)をインストールする
    • ConoHa WINGでWordPressをインストールする方法を説明します。
  • WordPressのURLをhttpsにする
    • ConoHa WINGの場合のWordPressのSSL化と、リダイレクト設定についての説明です。

この手順で、初めてワードプレスを立ち上げる人でも迷わずにConoHa WINGにワードプレスをインストールして、ブログやサイトを始める事ができるよ。

初めてConoHa WINGでワードプレスのブログ・サイトを作る人に、ドメインの設定から反映、WordPressをインストールしてSSL化する手順をわかりやすく説明しますね。

ConoHa WINGに申し込む

  • ConoHa WING(コノハウィング)に申し込む
    • レンタルサーバーのConoHa WINGに申し込む手順や、おすすめのプランの説明です。
  • 独自ドメインを取得する
  • 独自ドメインをConoHa WINGと紐づける
  • ConoHa WINのSSL設定をする
  • ConoHa WINGにWordPress(ワードプレス)をインストールする
  • WordPressのURLをhttpsにする

最初にブログやサイトを作成するために、WordPress(ワードプレス)のデータを置いておくレンタルサーバーを契約します。

国内最速No1で、管理画面も操作しやすい超高性能なレンタルサーバーのConoHa WINGに申し込むよ!

ますみさん

ConoHa WINGは、お試し期間はあるの?

けい

お試し期間がある時があるけど、通常はないね。でも、時間単位の料金体系もあるから、それがお試しになるよね。

ConoHa WINGは他レンタルサーバーと異なっていて、料金は1時間単位です。

例えば、ベーシックプランなら1時間2.2円、1ヵ月最大1,320円になります。

または、WINGパックで月額いくらという通常の料金体系もあり、無料で独自ドメインが1つ永久に使えます。

ConoHa WINGは時々日間無料お試しキャンペーンをやっていて、前にボクもそのタイミングでConoha WINGに申し込みました。

レンタルサーバーのConoHa WINGに申し込む手順を説明するよ♪

追記 2020/6/2

無料オプションサービス「WordPressかんたんセットアップ」が開始されました!

サーバーとドメインを同時に申し込む場合は、サーバー申し込み画面で必要項目を入力していくだけでWordPressのインストールからSSL化まですぐに終えてブログを書くことができます。

ConoHa WINGの申し込みフォームへ

ConoHa WINGの申し込みフォームへ

ConoHa WING のサイト上メニューバーの「お申込み」か画面内の「今すぐお申し込み」をクリックします。

お試し期間がある場合は、画像のような「まずは、14日間お試し¥0」をクリックします。

どちらをクリックしても同じ申し込み画面に遷移するので、安心してくださいね!

ConoHa WINGの申し込みフォームの入力

ConoHa WINGの申し込みフォームの入力

ログイン・情報入力画面で、必要事項を入力していきます。

パスワードは、英語の大文字と英語の小文字、数字を最低1文字以上ずつ入っていないといけないので、注意してください!

必須項目を入力したら、「次へ」をクリックします。

海外からだとキャンペーンの適用がない!電話/SMS認証

電話/SMS認証
電話/SMS認証

本人確認の為に電話/SMS認証を行います。

認証コードを取得する方法をメッセージ(SMS)を受信するか、自動音声通話で取得するかお好きな方を選択します。

SMS、または電話番号にかかってきた4桁の認証コードを入力して、「送信」をクリックします。

ConoHa WINGはキャンペーンを時々やっているけど、海外の電話で認証をするとキャンペーン適用外になるので注意してください!

実際にボクがフィリピンの電話番号でSMS認証をしてしまって、無料お試し14日間のキャンペーン対象外になってしまいました・・・。

ただし、すぐに日本帰国後にお問い合わせをして、「日本の携帯からのお問い合わせを証明できたので、キャンペーン適応します!」と神対応してくれました!

海外の電話番号の場合は、キャンペーンの適応を受けられないので注意してくださいね♪

料金支払い方法を選択

料金支払い方法を選択

すぐ下の料金の支払い方法を選択します。

料金はクレジットカード・ConoHaチャージ・ConoHaカードで支払うことができます。

毎月のレンタルサーバー料金の支払いを忘れないように、ボクも設定しているクレジットカード支払いがおすすめです。

クレジットカード情報を入力して、「次へ」をクリックします。

ConoHa WINGのおすすめプランはベーシックで大丈夫です!ConoHa WINGのプランを選択

ConoHa WINGのおすすめプランはベーシックで大丈夫です!ConoHa WINGのプランを選択
ConoHa WINGのプランを選択

サービスお申し込み画面で、ConoHa WINGで使用するプランを選択します。

サービスお申し込み画面

  • プラン:ほとんどの人はベーシックで十分すぎるほどです。
  • 初期ドメイン:サーバーに割り当てられるドメイン名で、使わないので何でもOKです。
  • サーバー名:特に必要ではないので、自分のわかりやすい名前を付けておきましょう。

プランは後で自由に変更できます。

後でいつでもプランのアップグレード・ダウングレードが可能

ボクの場合は、最初はベーシックプランを選択しました。

その後にサイト表示速度をあげたかったので、「リザーブド 1GB」に変更しました。

しかし、ベーシックプランでも大丈夫ですよ。

毎月の料金が右側ボックスに表示されているので確認をして、「追加」をクリックします。

「サーバーの追加が完了しました!」とホップアップが表示されます。

よくわからない初心者さんは、「今は追加しない」をクリックして、次の手順に進めましょう!

ConoHaでドメインを取得するかどうかを選択する

次のステップの「ConoHaサービスで独自ドメインを取得する」場合は、「ドメイン新規取得」にチェックを入れた状態で「追加する」をクリックします。

「他ドメイン取得サービスのドメインを使う」場合は、「他社管理のドメインを追加」にチェックを入れた状態で「追加する」をクリックします。

とりあえず後々でも操作ができるので、「今は追加しない」をクリックすればレンタルサーバーのConoHa WINGの申し込みが完了です。

独自ドメインを取得する

  • ConoHa WING(コノハウィング)に申し込む
  • 独自ドメインを取得する
    • 独自ドメインをConoHa WINGで取得する場合の方法の説明です。
    • 他ドメイン取得サービスで取得する場合は、この手順は飛ばしてください。
  • 独自ドメインをConoHa WINGと紐づける
  • ConoHa WINのSSL設定をする
  • ConoHa WINGにWordPress(ワードプレス)をインストールする
  • WordPressのURLをhttpsにする

ConoHa WINGの申し込みが終わったら、次はドメインを取得します。

ConoHaサービスは、独自ドメインを同じサービス内で取得することができます。

ますみさん

独自ドメインは、ConoHaで取得した方がいいの?

けい

ムームードメインなど他のドメインサービスでもいいけど、ラクをしたいならConoHaサービスでも大丈夫だよ。料金もそんなに変わらないし!

ConoHaサービスのドメイン料金は新規取得料金は他ドメイン取得サービスと比べてちょっと高いけど、更新料金は同じかちょっと安いくらいです。

ConoHaサービスでドメインを取得するとネームサーバーの変更もする必要がなくレンタルサーバーとの紐づけも簡単になるし、同じサービスでレンタルサーバーとドメインを管理できればラクですね!

ボクのように他ドメインサービスでドメインを取得している場合は、「3.独自ドメインをConoHa WINGと紐づける」まで飛ばしてください。

ConoHaサービスでドメインを取得する方法を説明するよ♪

新規ドメイン取得画面へ

ドメイン検索画面でドメインを検索する
ドメイン検索画面でドメインを検索する

先ほどのConoHa WINGの申し込み画面の最後のホップアップで、「ドメイン新規取得」にチェックがついた状態で「追加する」をクリックします。

または、ConoHaコントロールパネルにログインします。

画面上部のサーバーが「VPS」の場合は、「WING」をクリックします。

ConoHaサービスは、VPSもWINGも同じ管理画面からアクセスできます。

画面左メニューの「ドメイン」をクリックします。

comかnetにしておいた方がいいよ!取得したいドメインを検索する

comかnetにしておいた方がいいよ!取得したいドメインを検索する
comかnetにしておいた方がいいよ!取得したいドメインを検索する

ドメイン取得画面で、お好きな英数字のドメイン名を入力します。

ドメイン取得画面

  • ドメイン名:お好きな英数字を入力するけど、自分が作るブログ・サイト名と同じ、または関連がある名前にした方がいいです。
  • ドメインに続く文字(.comなど)を選んで、「カートに追加」をクリックします。「取得できません」となっているものは、他の人が使っているドメイン名です。
  • 料金を確認して、「次へ」をクリックします。

ドメイン名を入力したら、右端の虫眼鏡アイコンをクリックします。

おすすめは「.com」か「.net」です。

ドメインの登録情報を入力する

ドメインの登録情報を入力する

ドメインの登録情報を入力していきます。

入力が終わったら、「次へ」をクリックします。

料金を支払う

料金を支払う

料金を支払います。

すでに登録済みのクレジットカードでも支払えるし、新しくクレジットカードを登録することもできます。

支払いカードを選択して、「決済」をクリックします。

ドメイン取得中という画面が表示され、100%になるとドメイン取得は完了です

独自ドメインをConoHa WINGと紐づける

  • ConoHa WING(コノハウィング)に申し込む
  • 独自ドメインを取得する
  • 独自ドメインをConoHa WINGと紐づける
    • 独自ドメインをレンタルサーバーのConoHa WINGに登録して、ドメインとレンタルサーバーの紐づけ手順の説明です。
    • ConoHa WINGでドメインを取得した場合は、この手順は飛ばしてください。
  • ConoHa WINのSSL設定をする
  • ConoHa WINGにWordPress(ワードプレス)をインストールする
  • WordPressのURLをhttpsにする

レンタルサーバーの登録とドメインの取得が終わったら、レンタルサーバーとドメインを紐づけます。

ますみさん

「ConoHa WINGに、ドメインを紐づける」って何?やらないといけないの?

けい

ConoHa WINGとドメインを紐づけしないとブログが表示されないから、大切なことなんだよ!

ConoHaサービスでドメインを取得した場合は、「4.ConoHa WINGのSSL設定をする」まで飛ばしてください。

ConoHa WINGとドメインを紐づける設定を説明するよ♪

ConoHa WINGに独自ドメインを設定する

ConoHa WINGに独自ドメインを設定する

ConoHaコントロールパネルにログインします。

画面上部のサーバーが「VPS」の場合は、「WING」をクリックします。

画面左メニューの「サーバー管理」をクリックします。

「ドメイン」をクリックしてドメイン設定画面に遷移して、「+ドメイン」をクリックして新規ドメインを登録します。

ドメインを追加する

ドメインを追加する

ドメイン名などを入力していきます。

ドメイン設定入力項目

  • ドメイン追加:新規ドメインを追加
  • 追加するドメイン名を入力(ドメイン名はhttp://~を抜いた後ろの部分を入力します。)
  • 無料独自SSL:利用するを選択する

「保存」をクリックして、登録したドメインのステータスが「作成中」から「稼働中」になればOKです。

1分くらいで「稼働中」になるから安心してください。

無料独自SSLは失敗でもOK

無料独自SSLは失敗でもOK

他ドメイン取得サービスでドメインを取得した場合は、左下ホップアップに「失敗しました~」と表示される場合があります。

この後に設定をしていくので、無視してOKです。

ドメインサービスのネームサーバーを変更する

他社でドメイン取得した場合は、ネームサーバーを変更します。

ConoHa WINGのネームサーバー名は

ConoHa WINGのネームサーバー

  • ns-a1.conoha.io
  • ns-a2.conoha.io

です。

ドメインサービスごとにネームサーバーの変更箇所が違うので、ドメインサービスのマニュアルを見てネームサーバーの設定をしてください。

ムームードメインの場合は、「ムームードメインのネームサーバーの変更箇所」の記事を参考に変更してください。

ConoHa WINGのSSL設定をする

  • ConoHa WING(コノハウィング)に申し込む
  • 独自ドメインを取得する
  • 独自ドメインをConoHa WINGと紐づける
  • ConoHa WINのSSL設定をする
    • ConoHa WINGに登録したドメインにSSL証明書を発行して適応させる方法の説明です。
  • ConoHa WINGにWordPress(ワードプレス)をインストールする
  • WordPressのURLをhttpsにする

次は、独自ドメインにSSL設定をします。

SSL化は、URLの頭がhttp://からhttps://と「s」がついた状態になります。

ますみさん

SSL化って、有料なの?

けい

ConoHa WINGも、無料のSSL証明書があるよ!

ConoHa WINGでは、先ほどの独自ドメインを設定する時に「無料独自SSL:利用するを選択する」でSSL証明書は発行できています。

あとは、独自ドメインにSSL設定を有効にするだけです。

ConoHa WINGのSSL設定をする

ConoHaコントロールパネルにログインします。

画面上部のサーバーが「VPS」の場合は、「WING」をクリックします。

画面左メニューの「サイト管理」をクリックします。

サイトセキュリティ>独自SSLで、独自SSL設定画面に遷移します。

「無料独自SSL」をクリックしてONにします。

すぐ下のステータスが、「設定中」から「利用中」になるまで待ちましょう。

ネームサーバーが浸透したら「利用中」にステータスが変わるけど、ボクの場合は数時間から1日経てば利用中になっていました。

ConoHa WINGにWordPressをインストールする

  • ConoHa WING(コノハウィング)に申し込む
  • 独自ドメインを取得する
  • 独自ドメインをConoHa WINGと紐づける
  • ConoHa WINのSSL設定をする
  • ConoHa WINGにWordPress(ワードプレス)をインストールする
    • ConoHa WINGでWordPressをインストールする方法を説明します。
  • WordPressのURLをhttpsにする

ドメインとサーバーの紐づけと独自ドメインのSSL設定も終わったので、いよいよConoHa WINGにWordPress(ワードプレス)をインストールします。

WordPressのインストールは、ConoHa WINGでは「アプリケーションインストール」って名前だよ!

ますみさん

へ~。ConoHa WINGは、WordPressとEC-CUBEがインストールできるのね。

けい

「アプリケーションインストール」って名前が、他社レンタルサーバーの「WordPress簡単インストール」と同じ機能だね

複雑な手順もないので、安心してくださいね!

ConoHa WINGにWordPressをインストールする方法を説明するよ♪

アプリケーションインストール画面に移動する

アプリケーションインストールでWordPressをインストールする

ConoHaコントロールパネルにログインします。

画面上部のサーバーが「VPS」の場合は、「WING」をクリックします。

画面左メニューの「サイト管理」をクリックします。

サイト設定>アプリケーションインストールで、アプリケーションインストール画面に遷移します。

「+アプリケーション」をクリックします。

WordPressインストールに必要な項目を入力する

WordPressインストールに必要な項目を入力する

WordPressインストールに必要な項目を入力していきます。

WordPressインストール入力項目

  • アプリケーション:WordPressを選択
  • インストール方法:新規インストールを選択
  • バージョン:WordPressのバージョンを選択(最新版でOKです)
  • URL:wwwあり・なしを選択(その下は空欄でOKです)
  • サイト名:ブログ・サイト名を入力(あとで変更することができます)
  • メールアドレス:管理用のメールアドレス
  • ユーザー名:WordPressにログインする時のユーザ名
  • パスワード:WordPressにログインする時のパスワード
  • データベース: データベース名・ ユーザー名・パスワードをお好きな文字列を入力

ユーザー名とパスワードは毎回WordPressにログインする時に必要だから、忘れないようにメモなどしてください!

データベースのユーザ名とパスワードも同じくデータベースをいじる(滅多にない)時に必要だから、メモなどして忘れないようにしましょう。

入力し終えたら、「保存」をクリックします。

ステータスが「構築中」から「稼働中」になれば完了!表示されるログインURLを控えておく

ステータスが「構築中」から「稼働中」になれば完了!表示されるログインURLを控えておく

WordPressインストール後に、ステータスが「構築中」から「稼働中」になれば完了です。

管理画面URLをクリックすると、WordPressのログイン画面が表示されます。

WordPressのURLをhttpsにする

  • ConoHa WING(コノハウィング)に申し込む
  • 独自ドメインを取得する
  • 独自ドメインをConoHa WINGと紐づける
  • ConoHa WINのSSL設定をする
  • ConoHa WINGにWordPress(ワードプレス)をインストールする
  • WordPressのURLをhttpsにする
    • ConoHa WINGの場合のWordPressのSSL化と、リダイレクト設定についての説明です。

WordPressのインストールが終わったら、ログインしてみましょう!

ますみさん

さぁ~て、初めての記事を書くわよ♪

けい

ちょっと待って!SSL設定だけは最初にやっておこう!

ConoHa WINGでは自動的にhttpからhttpsにリダイレクトする設定はしてくれているので、設定する必要はないです。

他サーバーのように、.htaccessファイルにリダイレクトの記述をするとエラーになるから注意してください!

ConoHa WINGは、「かんたんSSL化」のボタン1つで管理画面や各無料・有料のテーマの設定項目までSSL化してくれるから、変更し忘れがなく便利です!

かんたんSSL化でWordPress全体をhttpsにする

かんたんSSL化でWordPress全体をhttpsにする

ConoHaコントロールパネルにログインします。

画面上部のサーバーが「VPS」の場合は、「WING」をクリックします。

画面左メニューの「サイト管理」をクリックします。

サイト設定>アプリケーションインストールでアプリケーションインストール画面に遷移します。

かんたんSSL化の「SSL有効化」をクリックします。

ホップアップで「成功しました。」と表示されればOK

ホップアップで「成功しました。」と表示されればOK

左下に「成功しました。~」と表示されればOKです。

管理画面URLがhttps://~に変わって、WordPressの管理画面や各無料・有料のテーマの設定項目までSSL化してくれました。

「SSL有効化」のボタンがグレーアウトしている場合はまだネームサーバーの浸透が終わっていないので、しばらく時間をおいて(1時間くらい)ください。

最後に自分のブログ・サイトのURLをhttp://~にしてアクセスして、https://~始まるURLに繋がればリダイレクトは成功です!

または、リダイレクトチェックツールを使って「301リダイレクト」と結果が表示されるか、確認してみてください。

まとめ

ConoHa WINGはサイト表示速度が速いとみんながおすすめしているレンタルサーバーで、管理画面も使いやすいです。

後発のレンタルサーバーなので、他レンタルサーバーのいいとこどりです。

ここまで設定できたらWordPressのインストールが完了で、後はWordPress側で必要最低限の設定をしていきます。

ますみさん

うぅ・・・「美雲このはちゃん」が、かわいいわね・・・。

けい

ConoHa応援団長で、人気があるからね(笑)

ConoHa WINGは他サーバーにはない料金設定の時間単位料金なので、もしも解約したければすぐに解約することができて余分な料金も一切かかりません!

新鋭のレンタルサーバーのConoHa WINGだけど、実際にボクも使っていておすすめのレンタルサーバーですよ♪

あわせて読みたい

ConoHa WING(コノハウィング)の評判・口コミは?使ってわかった料金やメリット・デメリットを徹底解説

2022/6/23

ConoHa WING(コノハウィング)の評判・口コミは?使ってわかった料金やメリット・デメリットを徹底解説

ブログやサイトを始めたばかりはあまり気にならないけど、1年経つとと気になってくるのがサイトの表示速度です。 ボクも過去に何度もサイトの表示速度に悩んで、WordPressのサイト表示速度の高速化にチャレンジしました。 「サイトの高速化で一番悩むのが、レンタルサーバーを変えるかどうか?」だけど、サーバー選びの失敗はしたくないので、色々なレンタルサーバーを比較しますよね! 去年から色々な有名ブロガーやアフィリエイターさんが「サイト表示速度が速くなる!おすすめ!」と評判・口コミの 実際に、ボクも「サイト表示速度 ...

WordPressをインストールした後に初めにやるべき初期設定を徹底解説

2022/4/30

WordPressの初期設定!ブログ初心者が初めにやるべきおすすめ設定ややり方を徹底解説

もう何個WordPress(ワードプレス)でサイトやブログを立ち上げたかわからない・・・。 でも、毎回初めにやっておく設定のどこかが抜けているんですよ(笑) 独自ドメインを取ってレンタルサーバーを契約してWordPressのインストールまで終わったから、「さぁブログを書くぞぉ!」ってなっているアナタ。 WordPressをインストールした後にやっておいた方がいい初期設定はやった? ブログ記事を書きたい気持ちはわかるけど、まずはWordPressの初期設定をしておきましょう! 時々、ボクもWordPress ...

WordPressのテーマ(テンプレート)の選び方やインストール方法を徹底解説

2021/7/11

WordPressのテーマ(テンプレート)の選び方やインストール方法を徹底解説

先日、友達から「WordPress(ワードプレス)でブログを始めたけど、テーマ(テンプレート)って何がいい?」と相談を受けました。 そういえばボクも最初に悩んだけど、当時人気の無料のWordPressのテーマのStinger5で始めたんですよね。 WordPressのテーマ(テンプレート)は、無料ブログでいえば「スキン」と同じでブログの外観デザインや構成、骨組みですね! WordPressテーマって無料と有料があるけど、どちらがいい?インストールするにはどうしたらいいの? ブログの顔ともなるWordPre ...

WordPress(ワードプレス)ブログ初心者におすすめのレンタルサーバー

「WordPress(ワードプレス)でブログを始めよう!」と思い立ったけど、まず必要な独自ドメインとレンタルサーバー。

5年以上ブログ・アフィリエイトをやって色々なレンタルサーバーを使ったからわかる、WordPressブログ初心者におすすめのレンタルサーバーを実体験で紹介します。

国内シェアNo1 高速&安定のエックスサーバー

アフィリエイターやブロガーだけではなく、ビジネスサイトまで運用サイト数は200万件を突破した国内No1シェアのエックスサーバー。

高速・多機能・高安定性で色々な便利な機能が多数あり、ボクも6年以上使っていて1度も問題がないWordPressが初めての人でもおすすめのレンタルサーバーです。

WordPress超高速環境のKUSANAGIの技術導入、最新サーバーの導入で従来の3倍以上の処理速度で国内サーバー速度No1を謳ってます。

エックスサーバーは複数サイト運営もOKで、独自SSLも無料対応、24時間365日で電話サポートがあって安定・安心のレンタルサーバーです。

2022/7/21まで12ヵ月以上の契約で初期費用0円と月額利用料が20%オフで792円からのキャンペーンをやっています。

さらにX10プランで12ヶ月以上の契約&自動更新設定なら独自ドメインが1つ無料で貰えます。

満足度調査3冠!アダルトサイトもOKでサイト表示速度の速いmixhost

mixhost

2019年7月期日本マーケティングリサーチ機構調べで「アフィリエイター&ブロガー満足度」「アクセス処理速度満足度」「表示スピード満足度」の1位を獲得したmixhost(ミックスホスト)

ボクが別ブログで使っている一押しレンタルサーバーのmixhostは、高速で高機能、高安定性を追求した初期費用無料のピュアSSD採用高性能クラウド型レンタルサーバーです。

SSDなのでページ表示速度も速いし、mixhostだけで使えるプラグイン「LiteSpeed Cache」を使えばほとんどデフォルト設定でキャッシュ+サイト高速化できます!

複数サイト運営もマルチドメイン無制限で、しかもアダルトサイトもOKな上にもちろん無料SSLも付いていて特にサーバー側で設定することなくSSL化できますよ♪

今ならプレミアムプラン以上の契約で初回支払い金額が半額になるキャンペーンをやっています。また、12ヶ月以上の契約でドメイン1個永久無料で貰えます。

超快適!アダルトもOKで格安のカラフルボックス

超高速Webサーバー「LiteSpeed」と「HTTP/3」「QUIC」の高速化技術で高速・高機能・高コストパフォーマンスのクラウド型レンタルサーバーのColorfulBox(カラフルボックス)

東日本・西日本のリージョン選択が可能で、セキュリティが万全です。

アダルトサイトの運用がOKなカラフルボックスアダルトもあり、格安で運用できるレンタルサーバーです。

地域別 自動バックアップ機能があって、安心・安全にサイト・ブログ運営ができますよ。

2022/6/30までクーポンコード「SV25NQ4756YUMC」を入力すると、BOX2からBOX8のレンタルサーバー初回利用料が25%オフになるキャンペーンをやっています。

また、サーバーの12ヵ月以上の契約でドメインの利用料金が永久無料になるキャンペーンもをやっています。

国内最速!高性能レンタルサーバーのConoHa WING

国内最速を謳い、ホントに実感できるほどの独自チューニングがされたキャッシュ機能があるConoHa WING(コノハウィング)

サーバー稼働率99.99%以上保証でセキュリティ機能も豊富で万全、電話サポートもあって安心です。

WordPressかんたん移行機能やサイトコピー機能でワンクリックで複製できます!

2022/7/4まで新規でWINGパックの12ヵ月以上の申し込みで最大47%オフ、月額687円から使用できるキャンペーンをやっています。

おまけに独自ドメインが最大2個永久無料で使えて、WordPress移行代行サービスが無料で利用できますよ。

老舗!安心・安定のロリポップ!

レンタルサーバー界では重鎮の老舗のロリポップ!

新しいLiteSpeedを採用したプランにサイト表示速度が速くなる施策が次々と出てきて、「安いレンタルサーバーがいい」というWordPress初心者さんにおすすめです。

管理画面もわかりやすくて見やすい、電話サポートがあるのもWordPress初心者さんに優しいですよ!

サポート満足度94%のロリポップは250円/月から借りられます。

ハイスピードプランは550円/月からでSSD+LiteSpeedでサイト表示速度がめっちゃ速くなりますよ。

2022/7/3までライトプランまたはスタンダードプランを12ヵ月以上新規申し込みで初期費用が無料になるクーポンが貰えるキャンペーンをやっています。

-レンタルサーバー
-,